岡山済生会総合病院

お問い合わせは 086-252-2211(大代表)
MENU

診療科・部門

画像診断科

画像診断科の概要

画像診断科では、胸部、腹部、骨などの一般撮影、バリウム(造影剤)を使用して胃、大腸などの消化器撮影、骨粗鬆症などの診断に有用な骨密度測定、乳がん検査に必要なマンモグラフィ、X線を用いて体の横断像を撮影するCT、強力な磁力を用いて体の断面を撮影するMRI、微量の放射性医薬品を体内に投与して、ガンマカメラを使用してさまざまな部位の血流、代謝、機能など検査する核医学検査、全身各部位の血管を撮影する血管撮影、高エネルギーのX線や電子線を使用して体外から病巣を治療する放射線治療などを行っています。診療放射線技師27名と看護師4名、事務員4名(正社員1名、パート3名)が所属しています。

検査紹介(入院棟)

診断機器 台数
1階 一般撮影装置 2台
X線TV装置 3台
CT装置 1台
MRI装置 1台
SPECT CT 1台
血管造影IVR装置 2台
放射線治療装置 1台

一般撮影

一般撮影とは、世間一般的にレントゲンと呼ばれるX線写真撮影 (Radiography) です。X線が身体を透過した際の減弱を利用して、白黒の濃淡をつけた画像を得ることが可能です。胸部や腹部では、心臓の大きさや肺の陰影、腸管のガスなどを観察できます。また、全身の骨を容易に撮影可能です。日常の診療、救急の現場において、なくてはならない重要な検査です。撮影部位によっては、衣服の金属類、プラスチック等により診断の妨げになるため更衣が必要な場合があります。息止めが必要な撮影部位もあります。妊娠中あるいはその可能性がある患者さんはスタッフに必ず申し出て下さい。

X線TV検査

X線テレビ室は、連続的にX線を出してリアルタイムに透視して体の中を観察することができます。胃や大腸、腎臓などX線で描出されにくい部位では造影剤というX線に写りやすい薬を入れて検査します。
また食道や胃を撮影するためにバリウムを飲んで検査する上部消化管検査や、体の中の尿や膿瘍などを体外に出すチューブの挿入や交換など、検査や治療は多岐にわたります。

CT検査

CTは身体を輪切りにした時の画像を作り診断する検査です。そのために細い幅のX線を身体の多方向からあて、透過してきたX線の強さをコンピュターで計算します。通常のX線写真と違い、いろんな臓器との重なりが問題になることがありません。またMRIと比較しても検査時間が短いために外傷等の緊急時にもすばやく検査ができるという特徴があります。当院にはマルチスライスCTが導入されています。撮影方法は専用のベッドに寝て、機械の穴の中を通りながら順次移動して撮影を行います。機械の発達により撮影するスピードが非常に速くなり、現在では数十秒程度で一連の断層像を取ることができ、ほとんどの検査が10分程度で完了するとても楽な検査となっています。しかし撮影中に身体が動くと画像が乱れるのでじっとしていなければなりません。とくに胸部や腹部の撮影では撮影時に呼吸を止めることが必要なため、呼吸停止をアナウンスし、撮影を行っていきます。また、血管や病的な部分をより詳しく見るために、腕などの静脈から造影剤という薬剤を注射しながら撮影することがあります。この造影剤を使うことにより、通常では見えない血流の流れや臓器内への病気の広がりを見ることが可能になります。

MRI検査

MRI(磁気共鳴画像)は、強い磁石と電波を使って体の内部の状態を検査する方法です。検査時間は約30分で、痛みなどはありませんが、少々音がうるさく感じられるかもしれません。ヘッドフォンを装着し、音楽を聴きながらリラックスした状態で検査を受けていただきます。また検査中は、マイクを通して技師との会話も可能です。どうかご安心して検査をお受けください。MRIで使用される磁石や電波は、通常の場合、人体への影響もないとされ、とても安全な検査ですが次のような患者さんは、検査を受けられない場合があります。

安全を第一に患者さんの検査待ち時間を少なくするよう心がけています。

SPECT-CT

患者さんに微量の放射性医薬品を投与し、目的の臓器や組織に集まる程度をガンマカメラを用いて撮影します。骨、腫瘍の検査は全身の撮影を行い、脳、心臓の検査では、SPECTといわれる断層画像を得る検査を行います。ガンマカメラで得た情報から、コンピューターを用いてデータを解析し、臓器の動きを知ることができます。検査用ベッドで20~30分静かに寝ている間に検査が終わります。

血管造影IVR装置

血管造影検査は全身の臓器のさまざまな血管にカテーテルという細い管を挿入して造影剤を注入し、種々の疾患の診断や治療を行う検査です。
代表的な血管内治療に塞栓術と拡張術があります。塞栓術は、腫瘍などの病変に対して血管内に抗がん剤を注入したり、栄養血管を塞栓して病変の縮小化をはかります。拡張術は、動脈硬化等で狭くなった血管を広げる治療になります。
当院の装置は血管撮影装置とCT装置が一体となった装置(IVR-CTシステム)です。これにより、血管内治療を行う場合にCT撮影を併用して行う場合もあります。またCT透視という機能を利用して、体内の病変に針や管を挿入し生検、ドレナージ(主に膿瘍の除去)RFA等の治療も行っています。
患者さんに検査内容の説明を行い、検査をスムーズに安全に実施できるように、また不安を取り除き、十分な協力が得られるように努め、的確な撮影を行います。

放射線治療装置

リニアック装置による放射線治療は、腫瘍や一部の良性疾患に対して、体外から高エネルギーのX線や電子線といった放射線をあてて治療を行います。手術とは異なり患部を温存することが可能で、美容的、機能的に優れています。
そして放射線治療装置を更新し、イメージガイド放射線治療(IGRT)用リニアック装置を導入しました。この装置は3次元のCT画像を撮影することができ、 従来の装置では確認することが困難であった軟部組織まで判別できるので、より正確な位置決めが可能になり、高精度な照射の実現に適したシステムです。将来的には、定位放射線治療や高精度な放射線治療にも対応していく予定です。
また日本医学放射線学会の認定を受けた放射線治療専門医が常勤で勤務し、誤照射の起こらぬよう「放射線治療専門放射線技師」 「放射線治療品質管理士」 「医学物理士」の認定資格を所有する診療放射線技師が細心の注意を払っています。

検査紹介(外来棟)

診断機器 台数
4階 一般撮影装置 3台
乳房撮影装置 1台
骨密度測定装置 1台
X線TV装置 2台
CT装置 3台
地下1階 MRI装置 2台

一般撮影

一般撮影とは、世間一般的にレントゲンと呼ばれるX線写真撮影 (Radiography) です。X線が身体を透過した際の減弱を利用して、白黒の濃淡をつけた画像を得ることが可能です。胸部や腹部では、心臓の大きさや肺の陰影、腸管のガスなどを観察できます。また、全身の骨を容易に撮影可能です。日常の診療、救急の現場において、なくてはならない重要な検査です。撮影部位によっては、衣服の金属類、プラスチック等により診断の妨げになるため更衣が必要な場合があります。息止めが必要な撮影部位もあります。妊娠中あるいはその可能性がある患者さんはスタッフに必ず申し出て下さい。

乳房撮影

マンモグラフィ検査では、乳房を片方ずつ圧迫板で挟み込み、薄くして撮影します。圧迫による痛みには個人差がありますが、適切な圧迫で撮影すると、立体的で厚みのある乳房が広がり、乳腺や脂肪、血管などの組織と病変との区別がつきやすくなります。
また、乳房の厚みを薄くすることによって、線量を減らすことができ、余分な被曝を軽減することができます。通常の検査は、更衣から撮影終了まで10分~15分程度かかります。
撮影はマンモグラフィ認定の女性技師が担当します。
マンモグラフィ検診施設認定を受けています。
毎月勉強会を開催し、技術の向上に取り組んでいます。

X線TV検査

X線テレビ室は、連続的にX線を出してリアルタイムに透視して体の中を観察することができます。胃や大腸、腎臓などX線で描出されにくい部位では造影剤というX線に写りやすい薬を入れて検査します。
また食道や胃を撮影するためにバリウムを飲んで検査する上部消化管検査や、体の中の尿や膿瘍などを体外に出すチューブの挿入や交換など、検査や治療は多岐にわたります。

骨密度検査

エネルギーの異なる2種類のX線を用いて、軟部組織及び骨における各々の減弱の割合の差をコンピューターで計算し、骨密度を計測します。
患者さんは仰臥位の楽な姿勢で体を動かさない様にして寝ているだけで検査が行えます。骨粗鬆症の診断に有用であり、骨密度を知ることで骨折の予防にもつながります。
検査時間は、5分~10分です。

CT検査

CTは身体を輪切りにした時の画像を作り診断する検査です。そのために細い幅のX線を身体の多方向からあて、透過してきたX線の強さをコンピュターで計算します。通常のX線写真と違い、いろんな臓器との重なりが問題になることがありません。またMRIと比較しても検査時間が短いために外傷等の緊急時にもすばやく検査ができるという特徴があります。当院にはマルチスライスCTが導入されています。撮影方法は専用のベッドに寝て、機械の穴の中を通りながら順次移動して撮影を行います。機械の発達により撮影するスピードが非常に速くなり、現在では数十秒程度で一連の断層像を取ることができ、ほとんどの検査が10分程度で完了するとても楽な検査となっています。しかし撮影中に身体が動くと画像が乱れるのでじっとしていなければなりません。とくに胸部や腹部の撮影では撮影時に呼吸を止めることが必要なため、呼吸停止をアナウンスし、撮影を行っていきます。また、血管や病的な部分をより詳しく見るために、腕などの静脈から造影剤という薬剤を注射しながら撮影することがあります。この造影剤を使うことにより、通常では見えない血流の流れや臓器内への病気の広がりを見ることが可能になります。

MRI検査

MRI(磁気共鳴画像)は、強い磁石と電波を使って体の内部の状態を検査する方法です。検査時間は約30分で、痛みなどはありませんが、少々音がうるさく感じられるかもしれません。ヘッドフォンを装着し、音楽を聴きながらリラックスした状態で検査を受けていただきます。また検査中は、マイクを通して技師との会話も可能です。どうかご安心して検査をお受けください。MRIで使用される磁石や電波は、通常の場合、人体への影響もないとされ、とても安全な検査ですが次のような患者さんは、検査を受けられない場合があります。

安全を第一に患者さんの検査待ち時間を少なくするよう心がけています。

被ばくについて

Q1.医療被ばくの考え方は?

診断や治療の目的で受ける被ばくを医療被ばくと言います。
放射線検査を行う場合には、検査の利益とリスクを考えて利益が十分上回る場合に行われ、線量は必要最小限に管理されています。

  1. 臨床的な利益が、被ばくや検査によるリスクを十分上回る場合にだけ行います。
  2. 検査が必要な場合、放射線を使用しない代替診療と比較検討します。
  3. 臨床上必要最小限の線量で検査を行います。

Q2.放射線に被爆するとどうなるの?

人体への影響の発生する確率が上がります。

【確率的影響】
しきい線量はなく、被ばく線量に応じて影響の発生率が確率的に上昇します。分類としては、がん・白血病・遺伝的影響が該当します。

【確定的影響】
しきい線量があり、これを超えると影響が発生します。線量が増えると症状が重症化します。確率的影響以外の症状・疾患が該当します。
上記でもお示ししたように人体への影響が発生する確率は上がりますが極めて低い確率であり、障害が発生しないように十分配慮して検査を行っています。

Q3.普段の生活の中で被ばくすることってあるの?

普段生活していても自然界から被ばくしています。日本では1.5mSv、世界平均2.4mSvの被ばくを食べ物や宇宙からの紫外線より受けています。ちなみに検診などで受けている胸部X線は約0.1mSvの被ばくであることを考えると、普段の生活の中で被ばくしている量の方が高いことがわかると思います。

Q4.放射線を使用する検査は何度受けても大丈夫なの?

検査する種類や部位によって被ばく線量は異なります。
例えば胸部X線検査を3回撮影すると、約0.3mSv~0.4mSvを被ばくします。この量は、私たちが受ける自然放射線量の約1/6であり、ごくわずかの量であると考えられますので心配はいりません。
あとはQ1でお話ししたように検査の利益とリスクを考えて利益が十分上回ると医師が判断した場合、患者さんの同意のもと必要最小限に線量を抑えつつ検査を行っています。

Q5.子どもと大人で放射線による影響は違うの?

放射線による感受性が子どもの方が高いため、影響を受けやすいとされています。当院では検査に使用する放射線の量を調整し、被ばく低減に努めています。

Q6.放射線を受けると妊娠できにくくなるの?

不妊につながる被ばく線量は下腹部に約3000mSvを超える量を受けた場合ですので、通常の放射線を使用する検査では問題ありません。

放射線の検査を受ける前や受けていて何かわからないことや不安なことがあれば、お気軽にスタッフにお尋ねください。

認定資格

診療放射線技師 資格一覧表

検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師 10名
第1種放射線取扱主任者 5名
X線CT認定技師 4名
救急撮影技師認定 3名
肺がんCT検診認定技師 3名
放射線治療専門放射線技師 2名
放射線治療品質管理士 2名
第1種作業環境測定士 2名
核医学専門技師(認定) 1名
日本血管造影インターベンション専門診療放射線技師 1名
医学物理士 1名
磁気共鳴(MR)専門技術者 1名
医療情報技師 1名
PET認定技師 1名

リンク

公益社団法人 日本診療放射線技師会

公益社団法人 日本診療放射線技師会

http://www.jart.jp/ 

公益社団法人 日本放射線技術学会

公益社団法人 日本放射線技術学会

http://www.jsrt.or.jp/data/ 

このページの先頭へ