診療科・部門

上部消化管外科

診療内容

胃がん・食道がん・GISTなどあらゆる上部消化管疾患に対する手術を開腹手術・鏡視下手術・ロボット支援下手術・LECS(腹腔鏡・内視鏡合同手術)などの手技を用いて行っています。

胃がん

胃全摘術、幽門側胃切除術、噴門側胃切除術、幽門保存胃切除術、胃局所切除術、膵頭十二指腸切除術、左上腹部内臓全摘術、腹部大動脈周囲リンパ節郭清、肝部分切除

食道がん

胸腔鏡下食道亜全摘術(一期的、二期的)、腹腔鏡下胃管再建

特徴と強み

高齢者胃がんの手術

当院ではこの10年間、80歳以上の患者さんの手術を毎年約20名行っています。症例を重ねることで、いかに安全かつ術後のQOLを維持するか、そのノウハウを会得し、それを次の患者さんの治療に役立てています。

胃がん腹腔鏡手術の適応拡大

2022年、進行胃がんに対しても腹腔鏡下胃切除術の長期的な成績が担保されるエビデンスが明らかになりましたので、進行胃がんに対しても適応を拡大しています。

ロボット支援下胃切除術の導入

多関節機能、手振れ防止機能や立体視効果による緻密な手術が可能となり、膵液漏などの手術合併症が少ないda Vinciによるロボット
胃切除術を2023年4月より開始しました。より良い手術成績を目指しています。

診療実績

胃がん

数は症例数、( )内は鏡視下手術例数

2018年
幽門側胃切除72(30)
胃全摘19(1)
胃局所切除9(8)
噴門側胃切除3(2)
そのほか6(0)
2019年
幽門側胃切除55(18)
胃全摘24(2)
噴門側胃切除7(4)
胃局所切除4(3)
分節切除2(2)
幽門保存胃切除1(1)
そのほか6(3)
2020年
幽門側胃切除45(15)
胃全摘14(0)
噴門側胃切除2(1)
胃局所切除7(6)
分節切除1(1)
幽門保存胃切除2(2)
そのほか3(0)
2021年
幽門側胃切除41(11)
胃全摘25(3)
噴門側胃切除0(0)
胃局所切除3(3)
分節切除0(0)
幽門保存胃切除1(1)
そのほか6(4)
2022年
幽門側胃切除45(27)
胃全摘9(2)
噴門側胃切除1(0)
胃局所切除6(5)
分節切除0(0)
幽門保存胃切除1(1)
そのほか3(3)