岡山済生会総合病院

お問い合わせは 086-252-2211(大代表)
MENU

診療科・部門

緩和ケア科

科の方針

緩和ケアは、苦痛を伴う悪性腫瘍の患者さんおよびご家族のQOL(生活の質)の向上のために、さまざまな専門職が協力して作ったチームによって行われます。

わたくしたちは、患者さんとご家族が可能な限り人間らしく快適な生活を過ごされることを目標にします。

診療内容

緩和ケアとは?

世界保健機関(WHO)は、「緩和ケアとは、生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、痛みやその他の身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアルな問題を早期に発見し、的確なアセスメントと対処(治療・処置)を行うことによって、苦しみを予防し、和らげることで、クオリティ・オブ・ライフを改善するアプローチである」と提言しています。

「緩和ケア」は、単に身体症状のコントロールだけでなく、心のケアも同時に行い、患者と家族のQOL(生活の質)を積極的に全体的に高めることを目的とします。

緩和ケアが関わる時期

上述のWHOの提言にあるように、末期だけでなく、もっと早い病期のがん患者にも緩和ケアを適用すべき多くの利点があります。

ある時期に「がん病変の治療」から「緩和ケア」に突然移行するのではなく、がんと診断されたときから治療と並行して緩和ケアを行い、末期になるに従い治療よりも緩和ケアの比重が高くなります。「がん病変の治療」と「緩和ケア」とは互いに対立するものではなく、同時に実施されることにより、患者のQOLは大幅に改善します。

当院でも、さまざまな症状の緩和が必要な患者に対して、全診療科と協力して緩和ケアを提供します。かかりつけ医や院内他科との併診でのサポートを行います。

緩和ケアが関わる時期

緩和ケア科の診療

がんに対して手術や、強い抗がん剤を使う治療は行いませんが、痛み、吐き気、食欲不振、不眠、息苦しさなどの不快な症状に対しては、積極的に対処します。治療困難ながんを抱えた状態でも、その人らしい時間が過ごせるようにお手伝いします。

できるだけ患者さんやご家族のご希望に添うよう、ご相談しながら行います。

緩和ケア科の診療体制

緩和ケア外来

症状緩和が必要ながん患者に対して、在宅療養を支援するために、外来診療による緩和ケアを提供します。

かかりつけ医や院内の他科との併診でのサポートも行います。

緩和ケア病棟

症状緩和が必要ながん患者に対して、入院による緩和ケアを提供します。

緩和ケアチーム

一般病棟に入院している症状緩和が必要ながん患者に対して、多職種によるチームで緩和ケアを提供します。

外来受診の方法

  1. まずは、緩和ケア相談室にご連絡ください。
  2. 緩和ケア外来を予約してください(完全予約制です。初診は火曜のみ)。
  3. 予約した日時に主治医の紹介状を持って緩和ケア外来を受診してください。
    入院をご希望の場合はさらに、
  4. 緩和ケア担当医が面接をした上で入院の適否を判断し、入退棟判定委員会に諮問します。
  5. 入退棟判定委員会が入院適応ありと判断した患者は入院予約の手続きをとります。
  6. 予約した日時に緩和ケア病棟に入院していただきます。
    ※外来当日の緊急入院は受けておりません。

緩和ケア相談室

緩和ケアに関する患者・家族・他の医療機関からの問い合わせの窓口です。
 緩和ケア病棟(10階東病棟)内にあります。
 電話相談または面談にて対応します。

  1. 緩和ケアについての情報提供
  2. 緩和ケア病棟への入院相談
  3. 緩和ケア外来の予約受付け

平日 10:00~12:00および14:00~16:00
 TEL:086-252-2211(代表)
 TEL: 086-252-2796(直通)

診療実績

  外来患者数 入院患者数 平均在院日数
合計 9,001 3,084  
平成10年度(7月~) 131 82 30.3
平成11年度 291 148 34.9
平成12年度 301 156 36.7
平成13年度 275 152 42.6
平成14年度 323 151 39.9
平成15年度 404 200 28.4
平成16年度 455 205 28.9
平成17年度 392 176 31.5
平成18年度 466 207 28.7
平成19年度 464 185 30.7
平成20年度 421 157 36.5
平成21年度 828 178 32.3
平成22年度 871 216 28.3
平成23年度 907 255 24.9
平成24年度 854 219 26.1
平成25年度 725 164 31.1
平成26年度 499 134 38.7
平成27年度 394 99 53.5

このページの先頭へ