診療科・部門

無痛分娩について

お産(分娩)は強い痛みを伴います。痛みの場所や痛みの程度は、分娩の進行度合いによって少しずつ変化します。また、分娩の進行は一人ひとり違い、それを出産前に予測することは困難です。

無痛分娩は麻酔を用いて分娩の痛みを軽くします。完全に痛みを取り除くわけではありません。無痛分娩を行うのは、妊婦さんの希望がある場合が原則です。無痛分娩の内容やメリット・デメリットについてよく理解されたうえで、納得してお受けください。

無痛分娩の実際

無痛分娩

当院における無痛分娩は、麻酔科医のサポートにより産科(分娩)チームで対応しております。

妊娠39週で計画無痛分娩を行います。急な陣痛発来時などは無痛分娩を行えませんのでご了承ください。

麻酔

麻酔科医が硬膜外麻酔を行い、痛みをとります。硬膜外麻酔は硬膜外腔という場所に細い管(くだ)を入れて、麻酔薬を投与します。硬膜外腔の近くには神経があり、これらの神経に麻酔薬が作用することでお産の痛みが和らぎます。

硬膜外麻酔は無痛分娩の方法として、一般的で、鎮痛効果が高く、お母さんや赤ちゃんへの悪い影響がとても少ないのが特徴です。

麻酔方法

硬膜外麻酔のための管(くだ)を麻酔科医が挿入します。このときに薬剤を注入し、麻酔の範囲を確認し、お母さんと赤ちゃんに異常が出ないことを確認します。

処置

子宮口が閉じている方は、バルーンなどで子宮口を広げる処置を行います。

その後、陣痛促進剤にて分娩を誘発します。胎児心拍モニターを常に確認します。

鎮痛

陣痛の痛みが出てきたら、硬膜外腔に入れた管から痛み止めの麻酔薬の注入を始めます。ご自分のペースで麻酔薬を注入できます。

お産が終わったら、硬膜外麻酔を終了し管を抜きます。その後の痛みが出たときは、飲み薬などで対応します。

注意事項

無痛分娩の有効性と限界

無痛分娩を行うとほとんどの方は痛みが和らぎます。痛みが和らぐことで落ち着いて分娩に臨むことができ、分娩による疲労が少なく、産後の回復が早くなることが多いです。

しかし、“無痛分娩”と呼ばれますが、何も感じない状態ではありません。無痛分娩をはじめた後も、下腹部の張る感じや圧迫感は残ります。この感覚を痛みとして感じる方もいます。また麻酔が効きにくい部位もあります。痛みの感じ方に個人差があることをご了承ください。

硬膜外麻酔の広がりが不十分な場合や麻酔の管の位置に異常がある場合は、麻酔の管の入れ直しを行うことがあります。

無痛分娩に伴う危険性とその発生率

よく見られるもの

まれに見られる重篤なもの

高位・全脊髄くも膜下麻酔

硬膜外麻酔の管が脊髄くも膜下腔に入ってしまうことがあります。このときには麻酔の効果が強く出て,足が動かなくなったり、血圧が下がりやすくなったりします。重症の場合には腕までしびれが広がったり、呼吸がしにくくなったり、意識がぼんやりしたりすることもあります。適切な初期対応で重篤になるのを防止する必要があります。

局所麻酔中毒

薬剤の血中濃度が高くなりすぎると、耳鳴り、口のしびれなどの症状がでます。重症の場合には意識がぼんやりしたり、不整脈が出たり、心停止に至ることがあります。適切な初期対応で重篤になるのを防止する必要があります。

薬剤アレルギー・アナフィラキシーショック

薬剤に対するアレルギーが原因で起こります。適切な初期対応で重篤になるのを防止する必要があります。

産後まで続くもの

分娩や赤ちゃんへの影響

偶発症が発生した時の対応

万が一、偶発症が起きた場合には最善の治療を行います。
なお、その際の医療は原則保険診療となります。

代替可能な治療法の危険性とその発生率

硬膜外麻酔以外の無痛分娩の方法として、点滴から鎮痛薬(医療用麻薬)を投与する方法があります。しかし、この方法は分娩中の妊婦さんや赤ちゃんが眠くなったり、呼吸が弱くな ったりしやすい鎮痛法です。また硬膜外麻酔に比べて、鎮痛効果も劣ります。そのため当院 では、無痛分娩は硬膜外麻酔を第一選択としています。

無痛分娩の診療実績

全分娩取扱数(経腟+帝王切開) 無痛分娩件数
2023年 集計中 11月開始予定

関連文書

無痛分娩についての説明書 [PDF:000KB]

急変時の体制

当院は、産婦人科医と麻酔科医、救急医、小児科医が勤務する総合病院です。また当院の助産師・看護師は救命救急講習や新生児蘇生法の講習を受けています。急変時には的確な判断の下、 直ちに関連部署と連携を取り素早く対応することが可能です。 

危機対応シミュレーションの実施歴

急変時に迅速に対応する為にはシミュレーショントレーニングを行い、討論を重ねることで他の患者様にも生かすことができ、その積み重ねにより医療チームが成熟していくと考えております。

岡山済生会総合病院では2017年より年1回、分娩時の危機対応シミュレーションを産婦人科、麻酔科、手術室、小児科、産婦人科病棟合同で開催しています。疾患に関する合同勉強会、症例を元にしたシミュレーションとデブリーフィング(振り返り)を行い、良かった点や改善点を参加者で話し合います。実際の超緊急帝王切開において、宣言から30分を目標に胎児娩出が可能なように体制を整えています。

当院の無痛分娩体制

無痛分娩麻酔管理者

難波 研二(麻酔科医)

講習会受講および認定期間

麻酔担当医

川上直哉(麻酔科医)

大倉靖子(麻酔科医)

担当産科医

常勤産婦人科医師

日本産婦人科医会偶発事例報告・妊産婦死亡報告事業への参画状況

参画している

最終更新日時:2023年11月27日