岡山済生会総合病院

お問い合わせは 086-252-2211(大代表)
MENU

診療科・部門

リウマチ・膠原病センター


リウマチ性疾患・膠原病とは

人間に限らず、動物には一般的に免疫という生体防御のための機構が備わっています。この機構により「自己」と「非自己」とを識別し、細菌やウイルス、悪性腫瘍(がん)細胞などの有害な「非自己」を攻撃・排除し生命の維持を図っています。しかし、このような生体防御機構が何らかの事情により破綻すると、「自己」を「非自己」と誤って認識し攻撃してしまうことがあります。このような免疫システムの異常により発症するのが自己免疫性疾患です。そのうち、リウマチ性疾患・膠原病は単一のみならず複数の臓器に病変が及びうる慢性進行型の炎症性疾患であり、多彩な臨床症状を呈するのが特徴です。

このようなリウマチ性疾患・膠原病がどのようにして発症するのかというメカニズムについては、今なお不明のところが多く完全に解明されているわけではありませんが、さまざまな研究により新たな知見が示されるようになってきました。そしてこれらの成果を基にして新たな治療法が次々に提示されています。たとえば関節リウマチ治療で用いられる生物学的製剤は、他のいくつかの膠原病に対しても有効であることが示されるなどしています。

当院では患者の皆様からのニーズに応えるべく平成23年4月にリウマチ・膠原病センターを開設し、初代センター長に山村昌弘が就任しました。ステロイドや各種免疫抑制剤のほか、生物学的製剤の導入も積極的に進め、実績をあげてきています。併せて、当院腎臓病センターなどのスタッフとも緊密に連携し、現在、年間のべ約5000名の外来症例およびのべ約250例の入院症例を扱っています。

当センターが扱う対象疾患の例

当センターが扱う指定難病


外来患者数

2011 2012 2013 2014 2015 2016
のべ患者数 1815 2526 3478 3872 5227 5559
初診患者数 201 135 221 138 366 405
患者実数 524 500 935 727 1463 1197


riumachikougenbyoukatuuinkanjabyoumei

入院患者数

2011 2012 2013 2014 2015 2016
入院患者数
(のべ)
56 99 243 332 278 271
平均在院日数 16.9 21.3 21.7 21.6 20.1 16.5

現在進行中の臨床研究

リウマチ性疾患の治療に関する公的支援制度について

リウマチ性疾患の治療に際しては、公的支援制度が適用される場合があります。詳しくは当院医療福祉課の医療ソーシャルワーカー(MSW)までご相談ください。

治験の実施について

当センターでは、リウマチ性疾患治療薬の開発に向けた各種臨床治験にも参加しています。ご関心のある方はスタッフまでお問い合わせください。

外来受診の方法について

詳しくは下記ページをご参照ください。

スタッフ紹介

特任副院長、リウマチ・膠原病センター長 山村昌弘
内科医長 上野明子
内科チーフレジデント 藤田計行
内科医師 山村裕理子
主任看護師 小川好美

医師一覧

このページの先頭へ