岡山済生会総合病院

お問い合わせは 086-252-2211(大代表)
MENU
当院は、平成28年1月から入院と外来が分離し、救急診療・入院を行う岡山済生会総合病院(岡山市北区国体町)と、外来診療を行う岡山済生会総合病院附属外来センター(岡山市北区伊福町)になりました。
当院は、平成28年1月から入院と外来が分離し、救急診療・入院を行う 岡山済生会総合病院(岡山市北区国体町)と、外来診療を行う岡山済生会総合病院附属外来センター(岡山市北区伊福町)になりました。
健康教室
へき地医療支援機構
患者会
ボランティア活動のご紹介

第8回 市民健康セミナー「『見えにくい』と感じる前に ~眼の病気は早期発見・早期治療が大切です~」を8月18日(土)に開催します

緑内障、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性など、中高年の眼の病気は、失明の原因の上位を占めています。
これらの病気は初期にはほとんど自覚症状がないため、予防と早期発見、早期治療が大切です。
しかし、一般的には眼の健康診断を受ける機会は少なく、自覚症状があってから眼科を受診しても、
最適な治療時期を過ぎている場合もしばしばです。
これら眼の病気の症状や最新の治療法、自宅で簡単にできる眼の検査法、点眼治療のポイントなどを
お話しします。申し込み不要、参加無料でどなたでも参加いただけます。
皆様お誘い合わせの上、ご参加ください。お待ちしております。

日時:2018年8月18日(土)14:00-16:00(開場13:30)
場所:岡山済生会総合病院 管理棟4階さいゆうホール

20180516 MAP
プログラム 

●講演1
 眼の健康も日々の積み重ね ~糖尿病網膜症・加齢黄斑変性から学ぶこと~
 特任副院長 瀬口 次郎
●講演2
 やってみよう! 眼のセルフチェック
 視能訓練士 三宅 智恵
●講演3
 目薬、正しくさせていますか? ~点眼方法のイロハ~
 薬剤師 岡本 夏実
●講演4
 緑内障手術最前線
 診療部長 成田 亜希子

新病院で地域包括ケア病棟の医師を募集しています

tiikihoukatukeabyoutou

新着情報

このページの先頭へ