各種症例・治療紹介

今日からできる!脳卒中の発症・再発予防

脳卒中とは?

脳卒中は脳内の血流が急激に途絶え、脳の神経細胞がダメージを受ける病気です。脳卒中には、脳の血管が詰まる「脳梗塞」脳の血管が破れて出血する「脳出血」「くも膜下出血」があります。

脳卒中のうち血管が詰まるタイプを脳梗塞、血管が破れるタイプを脳出血やくも膜下出血といいます

アテローム血栓性脳梗塞

太い血管が動脈硬化をおこして細くなったり、詰まったりすることによっておこる脳梗塞

アテローム血栓性脳梗塞

心原性脳梗塞

心臓にできた血栓が流れてきて、太い血管が詰まることによっておこる脳梗塞

心原性脳梗塞

ラクナ脳梗塞

細い血管が詰まっておこる脳梗塞

ラクナ脳梗塞

脳出血

脳の血管がやぶれ、脳内に出血する

脳出血

くも膜下出血

脳動脈瘤などが破れることで、脳を包んでいる「くも膜下腔」に出血する

くも膜下出血

脳卒中の危険因子は?

脳卒中を引き起こす原因には、下記のようなものがあります。

高血圧

高血圧は全ての脳卒中の危険因子です。
一般に140/90㎜Hg以下が推奨されます。

不整脈

心房細動は心原性脳梗塞の原因の多くを占めています。抗凝固薬の内服で発症を6割抑えることができます。高血圧、糖尿病、不整脈、コレステロールなどは定期健診で異常があれば早期受診をしましょう。

アルコール

適量の飲酒(20g/日)は脳卒中リスクを軽減します。
ビール中瓶1本(500ml)、日本酒1合(180 ml)、焼酎0.5合(90ml)、ウイスキーダブル一杯(60 ml)、ワインはグラス2杯(240ml)が目安です。

喫煙

脳卒中の発症リスクを1.5倍に高めます。5年禁煙ができれば、発症リスクを非喫煙者と同等まで軽減できます。

脳卒中の初期症状は?

頭を押さえる女性のイメージ写真

脳卒中でおきる麻痺などの症状は徐々に悪化していきます。そのため、脳卒中の初期症状にいち早く気づき、近くの病院の受診または救急受診を行うことが重要です。

顔、腕、言葉で脳卒中

顔面(Face)の麻痺、腕(Arm)の麻痺、言語(Speech)の異常、これらのうち一つでも突然、出現していれば脳卒中の可能性は70%です。時間(Time)が勝負!すぐに行動におこせ(Action)の各頭文字F、A、S、T、とActでAct-Fastです。
ぜひ覚えていただき、おかしいと思ったらすぐに受診するようにしてください。

脳卒中にならないために

公益社団法人日本脳卒中協会は、脳卒中に関する正しい知識の普及及び社会参加の促進を図るため、平成17年に以下の標語を作成しています。ぜひ参考にしてみてください。

脳卒中予防10か条
  1. 手始めに高血圧から治しましょう
  2. 糖尿病 放っておいたらくい残る
  3. 不整脈見つかり次第 すぐ受診
  4. 予防にはタバコを止める 意志を持て
  5. アルコール控えめは薬過ぎれば毒
  6. 高すぎるコレステロールも見逃すな
  7. お食事の塩分・脂肪控えめに
  8. 体力に合った運動続けよう
  9. 万病の引き金になる太りすぎ
  10. 脳卒中 起きたらすぐに病院へ

※本記事は広報誌「やわらぎ」(174号:2021晩秋号)に掲載したものをWEB用に再編集したものです。

この記事を書いた人

sakamoto-ns

坂本 翔平(さかもと しょうへい)

所属:岡山済生会総合病院

資格:脳卒中リハビリテーション看護認定看護師

関連リンク

関連記事