岡山済生会総合病院

お問い合わせは 086-252-2211(大代表)
MENU

各種症例・治療紹介

わきが(腋臭症)、多汗症

わきが(腋臭症) (保険診療/自費診療)

皮弁法

  • 1週間前後の入院が必要ですが、わきがに対して最も確実な方法で脱毛効果も期待できます。保険診療になります。
  • 局所麻酔で2時間程度で終了します。

レーザー治療

  • 自費診療になります。
  • 費用は、脱毛レーザー(両腋)と同じ料金になります。
  • 1か月以上の間隔を空けて、複数回の照射が必要となります。
  • 効果は一時的で根治術ではありません。

内服治療、外用療法

  • 保険診療になります。
  • 汗の分泌を抑えることで症状を抑えます。
  • 効果は一時的で根治術ではありません。

 

※その他、症状次第でボツリヌス毒素による注射治療を行うこともあります。

このページの先頭へ