岡山済生会総合病院

お問い合わせは 086-252-2211(大代表)
MENU

各種症例・治療紹介

眼瞼内反・睫毛内反(さかまつげ)

まつげ(睫毛)の生え方がおかしいと、眼球に当たって痛み・かゆみを引き起こします。まつげを電気で焼いて生えなくする方法もありますが、1回では終わらない上にまつげも薄くなってしまいます。手術の方が、より確実に早く治ります。
美容目的ではありませんので、健康保険が使用できます。日帰り手術で可能です。手術法は、上まぶたと下まぶたで異なります。

下まぶた(Hotz法)

子供・若者の場合は、下まぶたの皮膚や筋肉を切除して縫い寄せます。そうすると、まつげが引っ張られて外側を向きます。傷跡は時間が経てばほとんど分からなくなります。

下まぶた(LERs’ advancement)

高齢者の場合は、下まぶたを支える膜(下眼瞼牽引筋筋膜)のたるみが原因で起きることがほとんどです。この膜を修復する手術をLERs’ advancement(Lower eyelid retractors’ advancement)といいます。再発率は数パーセントであり、最も再発率の低い手術の一つです。傷跡は時間が経てばほとんど分からなくなります。

上まぶた(切開重瞼)

皮膚を切って縫い付けることによって、二重まぶたにします。そうすると、まつげが外側を向きます。傷跡は二重まぶたに隠れてほとんど分からなくなります。
埋没法といって、皮膚をほとんど切らずに糸で縫うだけの方法もあります。簡単でやり直しもしやすいですが、外れて元に戻ってしまうことが多いです。

このページの先頭へ