岡山済生会総合病院

お問い合わせは 086-252-2211(大代表)
MENU

各種症例・治療紹介

下肢の外傷・骨折

高齢化社会の進行とともに、骨粗鬆症を基盤とする高齢者の大腿骨近位部骨折は年々増加しています。当院では年間約150件の大腿骨頸部、転子部骨折の手術を行っています。受傷前の歩行能力を獲得できるように、より早期の手術とリハビリテーションを行う努力をしています。

kossetsujutsuzen

術前

kossetsujutsugo

術後

このページの先頭へ