岡山済生会総合病院

お問い合わせは 086-252-2211(大代表)
MENU

各種症例・治療紹介

外傷

かつては軟膏やガーゼを使用して治療されていましたが、交換のたびに痛みがあり、傷の治りも悪いなどの問題がありました。近年、創傷被覆材の発展によって、傷を早くきれいに治せるようになりました(湿潤療法)。
深い傷の場合は、手術が必要になることもあります。

このページの先頭へ