岡山済生会総合病院

お問い合わせは 086-252-2211(大代表)
MENU

各種症例・治療紹介

顔面骨骨折

顔面骨は顔面の骨格を形成する骨のことです。これらが骨折することにより、顔面の整容性、および機能性(眼球の運動障害、開口障害、かみ合わせ障害など)における障害が生じます。
部位によって治療方針が多少異なってきます。
鼻骨のみの骨折の場合は、皮膚を切らずに外来で治療可能なことが多いですが、その他の骨折では全身麻酔下での手術を要します。また、かみ合わせを修正するために、一時的に術後も上顎と下顎の間に修正用器具を装着する必要性があります。

このページの先頭へ