岡山済生会総合病院

お問い合わせは 086-252-2211(大代表)
MENU

各種症例・治療紹介

眼瞼下垂

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、まぶたが下がってきて、前が見づらくなる状態のことです。前が見づらくなると、物を見るのにとても疲れてしまいます。さらに、肩こり、頭痛、不眠など、いろいろな症状が出ることもあります。
見た目についても問題が起きます。まぶたの開き方が左右で違うと、非常に目立ちます。また、額に力を入れて無理にまぶたを開けようとしてしまうため、額に深いしわができてしまいます。

治療は、基本的に手術になります。美容手術ではありませんので、費用については健康保険が使用できます。日帰り手術も可能です。通院が大変な方や、一人暮らしで不安な方は、数日入院することもできます。

手術について

眼瞼下垂の主な原因は2つあります。原因によって手術法が変わります。

(1)皮膚のたるみ

老化とともに、上まぶたの皮膚がたるんで垂れ下がってきます。そうすると、目の前を覆ってしまい、前が見づらくなります。その場合は、たるんだ皮膚を切除します。
どうやって切除するかで2通りに分かれます。

(A)二重まぶたの線に沿って、たるんだ皮膚を切除する。

傷跡は二重まぶたで隠れるため、ほとんど分からなくなります。

  • 長所:皮膚のたるみが多くても問題ない。
  • 短所:一重まぶたの人には不向き。腫れぼったいまぶたになりやすい。
(B)眉毛の下で、たるんだ皮膚を切除する。

傷跡は眉毛で隠れるため、ほとんど分からなくなります。眉毛は少し細くなりますが、実際はさほど目立ちません。

  • 長所:すっきりした自然なまぶたになりやすい。
  • 短所:皮膚のたるみが多いと、不十分な結果になる。

(2)筋肉の機能低下

上まぶたを開ける筋肉を眼瞼挙筋(がんけんきょきん)といいます。
眼瞼挙筋の力が弱くなったり、まぶたにある軟骨(瞼板)から外れてしまったりすると、まぶたを十分に開くことができなくなります。 老化、コンタクトレンズ、白内障手術などの影響で起こることが多いです。 二重まぶたの線に沿って皮膚を切開し、眼瞼挙筋を探し出します。眼瞼挙筋をいったん切り離し、前方に引き出して縫い付けます。力を入れなくてもまぶたを上げることが可能になります。

このページの先頭へ