岡山済生会総合病院

お問い合わせは 086-252-2211(大代表)
MENU

各種症例・治療紹介

透析療法について

慢性的に腎臓の機能が低下し、体内に尿毒素が蓄積した状態(慢性腎不全)の治療法として、透析療法と腎移植があります。
透析を開始する時期は、患者さんの症状、腎機能の程度、合併症、年齢、日常生活の障害の度合いなどを総合して決められます。透析には大きく分けて2つの方法があります。腹膜透析(PD)と血液透析(HD)です。

このページの先頭へ