診療科・部門

なでしこプラン(生活困窮者支援事業)

nadesiko05nadesiko06

済生会は、生活困窮者を医療で救済する「施薬救療」を目的として発足しました。その目的を果たす制度が、無料低額診療事業となでしこプランです。
なでしこプランはホームレス、家庭内暴力被害者、刑務所出所者、失業者、外国人など医療・福祉サービスのアクセスできない人たちを対象に健康相談等を行い、必要な医療につなげる支援や医療提供を行うものです。

当院では、支部岡山県済生会、吉備病院、昭和町診療所と協力して、「NPO法人 岡山きずな」と連携して、ホームレスの炊き出しの日に合わせて、毎月健康相談を行います。
また、岡山市にある更生保護施設「古松園」で2か月に1回、津山市にある更生保護施設「美作自修会」で年に1回、健康相談を実施しています。 
奉還町祭では地域の皆さまに対して健康相談や無料低額診療事業を広く知っていただけるようにパンフレットの配布等を行っています。健康相談の結果、医療の必要な方には受診を促し、生計困難な方には無料低額診療事業による医療提供を行います。
また、被虐待児医療支援事業として、岡山県児童相談所、岡山市子ども総合相談所等から受診相談を受けた児童を対象に必要な医療の提供を行います。
当院は児童福祉法に基づく助産施設として、経済的理由により必要な入院助産を受けることができない妊産婦の受け入れをしています。出産・育児支援事業として生活困窮者等の出産・育児にリスクのある「要養育支援者」に対して、児童相談所、福祉事務所、保健センター等と産前から連携して母子を孤立させない子育てサポートづくりを支援しています。

今後も岡山済生会総合病院では、離島・へき地医療、救急医療とともに、無料低額診療事業やなでしこプランの展開により、ソーシャルインクルージョンの実現に努めていきます。