岡山済生会総合病院

お問い合わせは 086-252-2211(大代表)
MENU

岡山県済生会

病児保育室「なでしこえん」・保育所「なでしこ園」

病児保育室「なでしこえん」について

病児保育室では、病気・病後の0歳児から就学前の子どもさんまでお預かりしています。
6名(隔離室2名)まで利用可能です。小児科病棟の中にあり、毎朝小児科医師の往診もあり、 場合によっては薬を処方することができ、安心して預けることができます。病児保育室のモットーである「安心、安全、楽しく」を第一に、家庭的な雰囲気を大切に、 少しでも早く病気が回復するよう配慮し日々保育を行っています。
 対象者:保護者が岡山済生会総合病院もしくは関連施設の職員である就学前の子ども
病児保育室 保母
病児保育室「なでしこえん」
病児保育室 入口

病児保育室の一日

入室時 入室連絡表を提出していただき、子どもの状態を確認、観察、検温
8時30分 小児科医師による診察、自由遊び…遊びや安静、または睡眠などの体調に合わせた保育
11時すぎ 排泄、給食準備
給食、薬内服
12時~15時 検温、午睡
15時30分~16時 起床、排泄、検温、おやつ
6時~18時 自由遊び
順次退室・・・保育記録をお渡しし、一日の様子を報告
写真:病児保育室の1日写真:病児保育室の1日

病児保育を利用してのコメント

事務員

私は、4歳と1歳の二人の子どもがいますが、二人とも病児保育室にはいつも大変お世話になっています。
病児保育室は、病院内にあるので一緒に連れて来ることができ、送り迎えもしやすく毎朝、小児科医による診察もあるので、非常にありがたいです。
病児保育室の先生方も本当に優しく、アットホームな雰囲気の中で、子どもたちの病状や体調に合わせた保育をしてくださるので、子どもたちは喜んで、親の方は安心して利用させていただいています。まさに、病児保育室は、働くママにとってなくてはならない心強い味方です。まだ利用されたことがない方も、これを機会にぜひ利用されてみられたらよいのではないかと思います。

看護師

4歳と1歳の娘が利用させていただき、先生方には感謝しております。長女は、折り紙などの工作をし、毎回沢山のお土産を持って帰ります。熱が出ると「病院の保育園に行くー」と言う程、病児保育は楽しくて、好きなようです。今年の冬もお世話になると思いますが、よろしくお願いします。
これから、さらに子育てをしながら働く職員が増えると思うので、より働きやすい環境になることを願っています。

保育所「なでしこ園」について

当院では昭和48年開設以来、40年以上の歴史のある託児所があります。生後8週から3歳の子供さんをお預かりしています。ここで多くの子供たちは生活の中で出会い、いっしょに泣いたり、笑ったり、怒ったりしながら社会性を身につけています。天気の良い日は近くにある運動公園に散歩に出かけたり、春にはお花見、夏には七夕、冬はクリスマス会と四季折々の行事も取り入れています。また、夜勤をする看護師さんの子育て支援として、24時間保育もしています。夜間保育となるため、お母さん方が安心して仕事ができるように、また子どもたちには家庭にいるような、くつろげるきめ細やかな保育を心がけ、行っています。

保育所の1日

7:20 登園する(自由遊び)
9:00 その日の活動(散歩など)
11:30 給食(乳児棟は10:45)
12:15 午睡(乳児棟は11:45頃)
15:15 おやつ(乳児棟は14:45)
15:30 自由遊び 
17:00 お母さんのお迎えを待ちながら遊ぶ
保育所「なでしこ保育園」

なでしこ保育園

開所時間

平日7:20~18:30(延長18:30~20:00)
土曜7:20~17:15

日曜保育

(第3日曜日)8:00~17:15

対象年齢

生後8週~3歳の年度末まで

慣らし保育

復帰予定日の10日前より、保育園に慣れていただくために慣らし保育を実施しています。

※24時間保育
  • 対象者
    「なでしこ園」に入園されている看護師の子どもさん
  • 実施日
    毎週1回(木曜日から金曜日にかけて)※祝祭日の場合変更
  • 保育時間
    夜勤入りの日から翌日仕事終了まで
  • 利用代金
    2,000円(食事代(夕食と朝食)500円を含む)

このページの先頭へ