岡山済生会総合病院

お問い合わせは 086-252-2211(大代表)
MENU

病院紹介

病院のご案内

済生会は明治44年、明治天皇の御心に沿って創立されて以来、弱者救済の目的で、恩賜財団、社会福祉法人として成長し現在に至っています。

岡山県済生会は昭和6年に創立し、昭和13年に岡山診療所が開設、昭和23年に病院となり、昭和32年に岡山済生会総合病院へと名称変更いたしました。

病院の他に昭和22年 県庁出張所(現・岡山済生会県庁内診療所)を開設、昭和33年 高等看護学院(現/岡山済生会看護専門学校)を設立 、 昭和37年 瀬戸内海巡回診療船連絡事務所設置、 昭和47年 岡山済生会「憩いの丘」開設、 平成10年 岡山済生会ライフケアセンターを開設してまいりました。そして、平成18年 済生会吉備病院を開設いたしました。

岡山済生会総合病院は、553床を有する総合病院で、医療・保健・福祉の充実、発展のために地域医療に貢献しており、岡山県の中核病院の一つです。当院は以前から老人福祉施設を持ち、またへき地での診療や検診、巡回診療船による離島検診などを行い、現在では岡山県へき地医療支援機構を担当しております。

また、当院は急性期病院としてとくに救急医療や緩和ケアを含むがん診療にも力を注いでおり、平成14年12月に岡山県で初めて地域がん診療連携拠点病院に指定されています。このように当院の診療における運営方針は、救急医療、がん診療、センター医療およびへき地医療の4本柱です。

理念・基本方針

理念

あらゆる人々に手をさしのべる済生の心で まことの医療奉仕につとめます

済生会はその創立の経緯からも、困難に立ち向かう人々に手をさしのべてきました。しかしいつの間にか、職員の中でも施薬救療の精神が誤解されているのではないかと思えるような場面にあうことがありました。

“施”は“せ”または“ほどこし”と読みます。よく使われる言葉にお布施というのがあります。これはお坊様に感謝の気持ちを込めて、袱紗という布に包んでさし上げるものです。このように施は大切にさし上げるものです。ところがいつのまにか世の中や一部職員の心の中にも、施薬が恵まれない人に医療をやってあげるという傲慢さがもたれているのではないかと感じることがあり、ぜひとも本来の精神に復帰したいと希望しておりました。意味は同じですが、現代でも誤って理解されることの少ない奉仕が理念に組み込まれたことが、私にとって大きな安心感を与えてくれ、また病院の将来がきっと明るいものになるだろうと喜んでいます。

また、済生は生命をたすける、ばかりでなく、ライフ(生活)の質を向上させる広い意味にとって、患者さんや職員の皆様の生活が豊かになりますよう、努力し祈念いたします。

(理念改正にあたって 名誉院長 糸島 達也 2005年4月)

基本方針

  1 患者本位の良質の医療サービスを提供します
  2 先進的医療、がん診療、救急医療、へき地医療などの地域医療を推進し、拠点病院として活動します
  3 医療安全を重視し、危機管理を徹底します
  4 地域のニーズに応えるため、医療、福祉のきずなを強めます
  5 無料低額診療事業等生活困窮者への援助を積極的に推進するとともに、社会貢献事業につとめます
  6 職員の教育・研修に励み、患者さんと職員の満足度向上につとめます
  7 済生の心を活かし、国際的視野に立って活動します
  8 人にやさしい地球環境の保全につとめます
  9 医療施策をよく理解し、健全経営につとめます

患者さんの権利

当院では、個人の尊厳を保持し、次に掲げる患者さんの権利を尊重します

  1 良質で安全な医療を公平に受けることができます
  2 十分な説明と情報提供を受けることができます
  3 自らの意思で治療法を選択することができます
  4 診療内容について、他の医療者の意見(セカンドオピニオン)を求めることができます
  5 個人情報やプライバシーは常に保護・尊重されます
  6 自分の診療情報の開示を求めることができます

患者さんへのお願い

患者さんには、良質で安全な医療を受けていただくために、次のことをお願いします

  1 患者さん自身の健康に関する情報をできるだけ詳細に教えてください
  2 十分理解できるまで質問し、納得して医療を受けてください
  3 診療のさまたげとなるような行為はしないでください
  4 快適な療養環境の維持にご協力ください
  5 研修医、医学生、看護学生などの教育・研修にご理解、ご協力ください

院長よりご挨拶

院長 山本 和秀

岡山済生会総合病院は、平成28年1月1日に新しく生まれ変わりました。

岡山済生会総合病院は、国体町に移転し、救急医療と入院診療に特化した新病院となりました。私たちのスローガンは「全員で取り組む救急医療」「質の高い専門医療」「シームレスな連携医療」「専門性を活かしたチーム医療」です。救急医療については救急センターを拡充してCTを設置するなど設備を充実し、また、ICUやHCUを整備し、断らない救急医療、迅速かつ安全な救急医療、院内各科が一体となった救急医療、医療連携を活用した地域に密着した救急医療を目指しています。専門医療については、がん診療連携拠点病院としてのがん診療を積極的に推進し、内視鏡センター、肝臓病センター、呼吸器病センター、腎臓病・糖尿病総合医療センターなどセンター医療を中心に質の高い医療に励みます。さらに、かかりつけ医や紹介医との連携を密にし、入院前から退院後までシームレスに患者さんへ対応します。また、新設したサポートセンターでは、入院前から患者さんの状態を把握し、適切な入院診療が受けられるように配慮します。

一方、伊福町の建物は、外来医療に特化した岡山済生会総合病院附属外来センターに変わりました。紹介予約診療を基本としてコールセンターを設置し、かかりつけ医の先生方からの予約がスムーズに受けられるようにします。また、内部を改修し、岡山済生会総合病院附属外来センターとして再整備します。あわせて、健診センター並びに駐車場の拡充整備をいたします。

岡山済生会総合病院は「患者さんに優しい病院」を目指して努力して参りましたが、新生岡山済生会総合病院及び附属外来センターでは、今まで以上に質の高い医療を提供し、患者サービスの向上を図りたいと考えております。

岡山済生会総合病院
院 長 山本 和秀

チーム医療の取り組み

当院では、さまざまな医療専門資格を有する職員がチームを作り、個々の技能を活かしながら、チームワークで総合的に患者さんの診療にあたる「チーム医療」に力を入れています。院内では、「病棟医療チーム」と「専門医療チーム」の2種類のチームが活動しています。

病棟医療チーム

入院した患者さんは、病気やけがだけでなく、薬・栄養・介護・入院費・心の問題など、たくさんの心配事を抱えています。病棟医療チームでは、病棟ごとにチームを組んだ医療専門職らが、患者さんの抱える問題を多方面からとらえ、チーム内で効率的に情報を共有し、それぞれの問題に最適な専門家が即時にサポートできる体制を整えています。

病棟医療チーム

専門医療チーム

医療は日々進歩しています。専門医療チームでは、各分野の最新医療を学んだ専門家チームが、より高度な医療を患者さんへ提供するために、院内全体の回診や職員への教育活動などを行っています。当院には、下記の専門医療チームが編成されています。

このページの先頭へ