岡山済生会総合病院

MENU

動画

動画

「済生丸100」の船内の様子が動画でご覧いただけます。

瀬戸内海には、数多くの島が点在していますが、その多くは島内に医療機関を持たない無医島です。そんな医療に恵まれない人々の手だすけをするために、済生会創立50周年を記念し、昭和37年に診療船として建造されたのが、済生丸です。 現在は、平成26年1月15日に就航した4代目に当たる「済生丸100」が岡山・広島・香川・愛媛4県の瀬戸内海および豊後水道にうかぶ65の島々を、各県済生会病院の医師や看護師、検査技師等の診療班が乗りこみ、診療・検診に巡回しています。 船員は済生丸に常駐し、岡山・広島・香川・愛媛の4県をめぐります。 診療時は、島の方々が安全に乗船できるよう手助けもしております。

このページの先頭へ