岡山済生会外来センター病院

お問い合わせは 086-252-2211(大代表)
MENU

診療科・部門

要精密検査・要治療・要再検査の予約方法

健診結果票の各判定の違い

要再検査 1、3、6か月後に再検査の必要があります。
検査所見に異常の疑いがあった場合、時期を改めてもう一度同じ検査を行って状態を確認します。
要治療 検査所見に異常があり、明らかに病気と考えられます。
服薬、手術など医師の治療が必要です。
要精密検査 通常の検査では異常の状況が明確にならない場合、診断のためさらに詳しい検査が必要です。
治療中 現在、病気で通院中だから健診は不要というわけではありません。
人間ドックや健康診断を受診して、全身の健康状態をチェックしましょう。
結果についてはかかりつけ医の指示に従ってください。

 

 

要精密検査・要治療・要再検査の予約方法

当センターでご受診いただいた方

要精密検査・要治療・要再検査の対象の方については、健診結果票と併せて紹介状が同封されています。
紹介状をご確認いただき、当センター(086-252-2231)までご連絡ください。
当センターでは、ご受診いただきました方を対象に、各種専門外来を設けております。
電話の際に日程調整をさせていただきますので、健診結果票および紹介状を準備の上、ご連絡をお願いします。

 

当センター以外でご受診いただいた方

病院代表(086-252-2211)にご連絡ください。

 

 

お申し込み
お問い合わせ
 TEL 086-252-2231(直通) |月~金|9:00~16:00(祝日は除く)
 FAX 086-251-1671
 ・ 電話、WEB、来院による予約制です。
 ・ 会社、健保組合からお申し込みの場合は、貴社の健康管理担当の方にご相談ください。

このページの先頭へ