岡山済生会外来センター病院

お問い合わせは 086-252-2211(大代表)
MENU

診療科・部門

検査結果の見方

特定健康診査で実施している検査項目の見方です。
その他の検査項目については、当日結果説明を行っておりますので、ご不明な点がございましたらお尋ねください。

項 目 生活習慣
改善域
病院受診
お勧め域
検査結果の見方
身体計測 腹囲 cm 男:85以上 体脂肪には、皮下脂肪と内臓脂肪があり、内臓脂肪は生活習慣病の原因となります。 腹囲が男性85cm、女性90cm以上になると内臓脂肪型肥満の可能性が高く、さまざまな生活習慣病の原因となります。
女:90以上
血圧 収縮期 mmHg 130以上 140以上 高血圧が続くと動脈硬化が進行し、脳卒中や心臓病などの循環器病の発症リスクが高くなります。
拡張期 mmHg 85以上 90以上
脂質検査 中性脂肪 mg/dL 150以上 300以上 中性脂肪は食べすぎや飲みすぎ、運動不足などで血液中に増加し、 動脈硬化の原因になります。
HDLコレステロール mg/dL 40未満 35未満 善玉コレステロールと呼ばれ、動脈硬化を防ぐ働きがあります。運動や禁煙によって善玉コレステロールは増えると言われています。
LDLコレステロール mg/dL 120以上 140以上 悪玉コレステロールと呼ばれ、動脈硬化を進行させ、心臓病や脳卒中などの循環器病を招きやすくなります。
血糖検査 空腹時血糖 ※1 mg/dL 100以上 126以上 血液中のブドウ糖のことを血糖といい、糖尿病で高値になります。
随時血糖
(3.5~10時間未満)
HbA1c ※2
(NGSP値)
5.6以上 6.5以上 1~2か月間の血糖の状態をみる検査で、糖尿病のコントロール(血糖の変動)の良し悪しを判断するための大切な指標になります。
肝機能
検査
AST(GOT) U/L 31以上 51以上 AST・ALTは、肝臓・心臓・筋肉などに多く含まれている酵素です。この数値が高いと脂肪肝・ウィルス性肝炎、アルコール性肝障害など肝臓の異常が疑われます。
ALT(GPT) U/L 31以上 51以上
γGTP U/L 51以上 101以上 とくにアルコールによる肝障害の指標となります。また肝臓や胆道に異常があったり、肥満や脂肪肝などでも高値を示します。
腎機能
検査
クレアチニン mg/dL 基準値 男性:0~1.10
    女性:0~0.80
筋肉に含まれているたんぱく質の老廃物で、腎臓でろ過され、尿へ排泄されます。腎臓の働きが低下すると尿へ排泄される量が減り、血液中にクレアチニンがたまるため、値が高くなってきます。
e-GFR mL/min/
1.73m²
60未満 45未満 慢性腎臓病の指標となる値で、クレアチニン、年齢、性別から、腎臓にどれくらい老廃物を尿へ排泄する能力があるかを表しています。この値が低いほど腎臓の働きが悪いということになります。

 

 

お申し込み
お問い合わせ
 TEL 086-252-2231(直通) |月~金|9:00~16:00(祝日は除く)
 FAX 086-251-1671
 ・ 電話、WEB、来院による予約制です。
 ・ 会社、健保組合からお申し込みの場合は、貴社の健康管理担当の方にご相談ください。

このページの先頭へ