岡山済生会総合病院

お問い合わせは 086-252-2211(大代表)
MENU

新型コロナウイルスに対する当院の対応について

令和3年2月10日(水)に岡山済生会外来センター病院職員1名、2月10日から17日(水)までに岡山済生会総合病院の職員7名、入院患者さん1名と退院患者さん1名の陽性者が確認されました。その後、接触者に対する最終フォロー検査を25日に行いましたが、陽性者は確認されていません。

接触者ではないが、積極的サーベイランスとして、患者さんと職員(委託業者含む)約2,100件の検査が終了し、陰性が確認できています。陽性者が確認されたエリアは限定的であり、封じ込めが成功していると考えています。

現在は岡山済生会総合病院において救急車と入院目的の紹介の受入れを再開しています。その他の診療業務につきましても、十分な感染対策を行った上で、継続しています。

岡山済生会外来センター病院及び岡山済生会予防医学健診センターは、これまで以上に感染対策を十分に行って、岡山市保健所の指導のもと、通常どおり診療を行っています。

2021年2月25日 18時30分
岡山済生会総合病院 院長 塩出純二
岡山済生会外来センター病院 院長 大澤俊哉

このページの先頭へ