岡山済生会総合病院

お問い合わせは 086-252-2211(大代表)
MENU

病院紹介(岡山済生会総合病院)

DPCデータによる病院指標(令和元年度)

当院の特徴や急性期医療の現状を理解していただくことを目的として、DPCデータを利用した全国統一の定義と形式に基づいた指標を公開いたします。指標の分析・解説をとおして当院の医療を振り返り、医療の質向上に取り組んでまいります。

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC(診断群分類別包括制度)とは

入院患者さんの病名と治療内容によって、国で定めた1日あたりの定額の点数から入院医療費を計算する制度です。
DPCは2年に1度改訂が行われており、同一のコードでも対象となる手術コード(Kコード)が変更となる場合があります。

集計対象

平成31年4月1日から令和2年3月31日までに当院を退院され、一般病棟に1回以上入院された方
医療保険だけを使用した診療(自賠責保険や労災保険、自費等は除外)をおこなった方
入院後24時間以内の死亡、生後1週間以内に死亡した新生児、臓器移植は集計対象外とする
※平成30年度から短期滞在手術基本料が算定不可となり、該当疾患は指標2の集計対象となった。

共通項目の定義

在院日:初回入院年月日から最終退院年月日までの延べ日数
患者数:一連の入院を1患者としてカウント 10未満の場合は-(ハイフン)で表示
年 齢:初回入院開始日時点の満年齢
転院率:他の病院・診療所へ転院した患者数/全退院数から算出

個別項目の定義

1)年齢階級別退院患者数
・年齢階級別(10歳刻み)の患者数
・年齢階級は90歳以上を1つの階級として設定

2)診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
・各診療科別に患者数の多いDPC14桁分類についてDPCコード、名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢、患者用パスを示す
・転科した場合は、最も医療資源を投入した傷病の担当医が所属する診療科で集計

3)初発の5大癌のUICC病期分類別ならびに再発患者数
・初発患者はUICCのTNMから示される病期分類による延患者数を集計
・再発患者(再発部位によらない)は期間内の延患者数を集計
・Stage「0」は集計対象外
・Stage判定にはUICC病期分類第8版を使用

4)成人市中肺炎の重症度別患者数等
・成人の市中肺炎(入院後発症した肺炎を除く)が対象
・入院契機病名および最も医療資源を投入した傷病名が肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎に限定
・重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を示す。
・重症度分類は、A-DROPスコアを用いる。
・重症度分類の各因子が1つでも不明な場合は「不明」に分類する

A-DROPスコアとは
日本呼吸器学会の成人市中肺炎診療ガイドラインに掲載されている肺炎重症度分類

Age(年齢) 男性70歳以上、女性75歳以上
Dehydration(脱水) BUN21mg/dL以上または脱水あり
Respiration SpO2≦90% (PaO2 60Torr以下)
Orientation(意識障害) 意識障害あり
Pressure(収縮期血圧) 収縮期血圧90mmHg以下

※5点満点で、1項目該当すれば1点、2項目該当すれば2点。
 軽症:0点の場合。
 中等症:1~2点の場合。
 重症:3点の場合。
 超重症:4~5点の場合。ただし、ショックがあれば1項目のみでも超重症とする。
 不明:重症度分類の各因子が1つでも不明な場合。

5)脳梗塞の患者数
・脳梗塞の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示す
・発症日から「3日以内」「その他」に分けて集計

6) 診療科別主要手術別患者数等(診療科別症例数上位5位まで)
・診療科別に手術件数の多い5術式について、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢、患者用パスを示す
・入院中に行った手術の中で主たる手術のみをカウン卜
・輸血関連(K920$)、創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術、軽微な手術、およびすべての加算は除外
・術前日数は入院日から主たる手術の手術前日までの日数
・術後日数は主たる手術の手術翌日から退院日までの日数

7)その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
・最も医療資源を投入した傷病名が播種性血管内凝固、敗血症、その他の真菌症、手術・術後の合併症の症例数を入院契機病名の「同一」「異なる」にわけて集計
・発生率は、症例数/全退院患者数で算出

 

 

1.年齢階級別退院患者数 ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 553 254 353 356 766 1239 2160 3694 2620 700

全退院患者の平均年齢は65歳で、70歳以上が5割、60代が約2割を占めています。

 

 

2.診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで) ファイルをダウンロード
■呼吸器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎の治療 197 18.98 20.84 26.90% 85.53 誤嚥性肺炎
0400801499×002 肺炎の治療 中等度 A-DROPスコア2(75歳以上) 67 13.09 15.17 5.97% 83.66
0400801499×001 肺炎の治療 中等度 A-DROPスコア1(75歳以上) 59 9.90 13.48 5.08% 83.12
040110xxxxx0xx 間質性肺炎の治療 58 15.64 18.84 12.07% 71.12
040040xx99041x 肺悪性腫瘍の化学療法 49 8.90 16.87 0.00% 76.39

呼吸器内科で最も多い症例は、誤嚥性肺炎を含めた肺炎です。外来治療を行うことも多くなっており、人口の高齢化を反映して、入院は特に誤嚥性肺炎が多くなっています。可能な限り原因菌を同定し、それに応じて抗生剤を選択し、治療を行っています。
肺悪性腫瘍(主に肺がん)も入院症例が多い疾患です。診断を気管支鏡、CTガイド下肺生検などを利用して確定します。抗がん剤治療、放射線治療、外科手術を組み合わせて、エビデンスに基づいた標準的治療をチーム医療として行っています。
間質性肺炎は急性憎悪を起こすと生命の危険があり、鼻マスク式人工呼吸(NPPV)を使用して呼吸をサポートし、ステロイド剤や免疫抑制剤を利用することで、少しでも元の状態に近づき、在宅生活ができるように治療を行っています。


■消化器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸良性疾患の内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 830 2.39 2.63 0.36% 65.83 内視鏡的大腸ポリープ切除術
内視鏡的大腸粘膜切除術(治療前日入院)治療日:月曜日・木曜日
内視鏡的大腸粘膜切除術_治療後入院(治療日:月曜日・木曜日)
060340xx99x00x 胆管結石、胆管炎の治療 118 13.62 9.68 5.93% 77.40
060340xx03x00x 胆管結石、胆管炎の内視鏡的ドレナージ 117 10.90 9.79 2.56% 73.27 内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP)_膵炎リスクあり
内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP)_膵炎リスクなし
060020xx04x0xx 胃悪性腫瘍の内視鏡的切除術 115 7.15 8.27 0.00% 73.08 内視鏡的胃粘膜下層剥離術_当日入院
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患の治療 64 8.11 7.65 1.56% 58.69 結腸憩室炎

入院患者数のなかで最も数が多かったのは、大腸ポリープの内視鏡切除でありポリペクトミーとも呼ばれます(小腸大腸良性疾患の内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術)。その次が肝臓と十二指腸をつなぐ胆汁の通り道である胆管の結石や炎症の抗生剤などによる治療(胆管結石、胆管炎の治療)、3番目がその胆管の結石や炎症によって妨げられた胆汁の流れをよくするために内視鏡を用いて胆管にチューブを入れる症例(胆管結石、胆管炎の内視鏡的ドレナージ)、そして4番目が早期胃癌を胃の内部から内視鏡で切除する手術(胃悪性腫瘍の内視鏡的切除術)、そして5番目が大腸の憩室の炎症にたいする抗生剤などによる治療(穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患の治療)でした。


■循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全の治療 91 14.78 17.71 15.38% 82.42
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患の心臓カテーテル検査 29 3.45 3.01 0.00% 69.45 心臓カテーテル・下肢動脈造影検査前日入院上肢穿刺
心臓カテーテル・下肢動脈造影検査前日入院大腿穿刺
心臓カテーテル・下肢動脈造影検査当日入院上肢穿刺
050070xx99000x 頻脈性不整脈の治療 15 6.53 7.56 13.33% 83.73

対象疾患のうち最も多いのは、各種循環器疾患が原因の心不全です。平均年齢80歳以上と昨今の高齢化社会を反映しており、約15%の患者さんは転院、大半の方は約2~3週間の入院治療で、投薬の調整、心臓リハビリテーションを経て自宅療養となります。次に多いのは狭心症、心筋梗塞などの冠動脈疾患で、冠動脈カテーテル検査やステント留置術を受けられます。検査入院は約3日間、治療の場合は4~6日の入院となります。


■糖尿病内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病のインシュリン治療 末梢循環不全なし 認知症なし(85歳未満) 89 7.57 13.72 0.00% 63.29 糖尿病教育入院:1週目・2週目
糖尿病教育入院:1週目・2週目月曜入院
糖尿病教育入院:1週間コース
100070xx99x110 2型糖尿病のインシュリン治療 末梢循環不全なし 認知症あり(85歳未満) 33 8.09 15.20 0.00% 67.82 糖尿病教育入院:1週目・2週目
糖尿病教育入院:1週目・2週目月曜入院
糖尿病教育入院:1週間コース
100060xx99x100 1型糖尿病のインシュリン治療 20 7.00 12.89 0.00% 43.50 糖尿病教育入院:1週間コース
糖尿病インスリンポンプ導入
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシスの治療 19 9.79 13.41 5.26% 48.95
100070xx99x000 2型糖尿病の治療 14 7.14 10.84 0.00% 53.14

糖尿病内科では血糖コントロールのための入院が大半を占めています。令和元年度の入院においては「2型糖尿病の血糖コントロール」が上位1~2位と5位に位置しています。血糖コントロールを目的とした入院においては、1週間ないし2週間のパスを用いた治療と教育を行っており、入院中は食事・運動・薬物療法とともに、月曜日から金曜日まで毎日糖尿病教室に参加して頂き、血糖コントロールのための療養方法、自己管理手法を学んで頂いています。血糖コントロール入院の約6割はかかりつけ医からの紹介入院でした。
上位3位に位置しているのは「1型糖尿病のインスリン治療」です。当院ではインスリンポンプ療法や持続血糖モニタリングなど、先進糖尿病治療や1型糖尿病診療に力を入れており、1型糖尿病の血糖コントロール入院が増えてきています。上位4位に位置しているのは糖尿病の急性合併症の一つである、「糖尿病性ケトアシドーシスの治療」でした。


■内分泌内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害の治療 29 12.41 9.96 20.69% 78.55
100380xxxxxxxx 体液量減少症の治療 19 7.89 9.13 10.53% 74.37
100391xxxxxxxx 低カリウム血症の治療 12.70
100210xxxxxxxx 低血糖症の治療 6.83
100202xxxxxxxx その他の副腎皮質機能低下症の治療 10.83

内分泌内科で最も多いのは、低ナトリウム血症、高ナトリウム血症などの電解質異常、アシドーシス、アルカローシスなどの酸塩基平衡障害の治療になります。次いで多いのは、体液量減少症、低カリウム血症の治療となっています。


■腎臓内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症の治療 104 11.94 12.58 11.54% 75.66
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全の治療 35 13.51 11.67 14.29% 73.49
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 の治療 内シャント設置術等 29 6.76 8.48 0.00% 65.83 内シャント造設
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全の治療 人工腎臓等 25 12.72 14.23 12.00% 68.72
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全の治療 経皮的針生検法 22 5.91 7.00 0.00% 49.45 腎生検

腎臓内科で最も多い症例は、腎・尿路感染症で、急性腎盂腎炎・膀胱炎等が含まれます。高齢化に伴い、この領域の患者数は非常に多くなっており、パスを導入することにより、治療の標準化と円滑な退院に努めています。
症例数が2番目に多いのは、慢性腎不全に対する入院です。保存期の教育入院や急性増悪時への対応が含まれます。特に教育入院では、心血管系を含む全身精査・薬剤調整・栄養指導・疾患教育とともに、将来の透析や移植など腎代替療法へのお話を、ご家族も含めて十分な時間をかけて行っています。
腎臓内科の手術で多いのは、血液透析の内シャント造設手術や内シャント狭窄に対するシャント形成術です。当院での症例の他、他院でのシャントトラブルの症例にも対応しており、外科・放射線科と連携を取りながら、手術・処置を行っています。


■リウマチ科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患の治療 40 19.68 15.48 10.00% 70.38
070470xx99x0xx 関節リウマチの治療 10 19.30 16.09 10.00% 85.60
070510xx99xxxx 痛風、関節の障害の治療 11.88
070560xx99x6xx 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患の治療 ガンマグロブリン投与 25.15
070560xx97x3xx 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患の手術 血漿交換療法あり 46.09

平成31年度のリウマチ科の入院で最も多いのは、全身性臓器障害を伴う自己免疫疾患の治療群で40例、平均在院日数19.68日、平均年齢は70.38歳でした。自己免疫疾患の内訳としてはリウマチ性多発筋痛症、ANCA関連血管炎、全身性エリテマトーデスなどでした。また、症例数が2番目に多いのは関節リウマチの治療で入院が10名、平均在院日数が19.30日、平均年齢が85.60歳でした。


■呼吸器外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺悪性腫瘍の手術 109 8.38 11.51 0.92% 71.01 肺部分切除
肺葉切除術
040200xx01x00x 気胸の手術 25 7.44 10.18 0.00% 36.60 気胸
040200xx99x00x 気胸の治療 17 8.71 9.11 17.65% 62.82
040040xx99040x 肺悪性腫瘍の化学療法 12 5.42 9.59 0.00% 66.83
040030xx01xxxx 呼吸器系の良性腫瘍 肺切除術・管支形成を伴う肺切除等 10 6.30 9.26 0.00% 62.50 肺部分切除
肺葉切除術

呼吸器外科の疾患で最も多いのは肺がんです。画像診断の進歩により早期肺がんがより多く発見されるようになったことと、高齢者が増加し、より侵襲の低い治療が求められることなどを踏まえ、適切な縮小手術を積極的に取り入れています。また進行がんでは手術を集学的治療の一つとして捉え、他科との連携を図っています。また気胸の診療においても手術以外の治療法とどちらが適切かを個々の患者さんごとに検討し適応を決めています。


■消化器外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx01000x 結腸悪性腫瘍の手術 124 14.67 15.02 1.61% 70.28 結腸切除
060020xx02x10x 胃悪性腫瘍の手術 胃局所切除等 37 19.73 31.48 5.41% 70.11
060040xx99x00x 直腸肛門悪性腫瘍の治療 28 4.43 8.64 0.00% 69.75
060040xx03xx0x 直腸肛門悪性腫瘍の手術 直腸腫瘍摘出術(ポリープ摘出を含む。) 28 13.07 12.59 0.00% 65.11
060020xx01x1xx 胃悪性腫瘍の手術 胃全摘術 中心静脈注射あり 22 29.64 36.48 9.09% 74.27

消化器外科の入院治療は手術を目的としたものが多く、その大半は胃・大腸の悪性腫瘍の切除を目的としたものです。最も多いのは結腸の悪性腫瘍の切除術です。2番目は胃の悪性腫瘍の切除術、3番目は直腸の悪性腫瘍の切除術です。
胃の広範囲な切除術(胃全摘術を含む)では、術前後の栄養管理を要することが多く、平均在院日数も長く、転院率が高くなる傾向を認めます。


■乳腺・内分泌外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx02x0xx 乳房悪性腫瘍の手術 乳腺部分切除(腋窩部郭清を伴わないもの) 54 4.20 6.10 0.00% 63.78 乳房部分切除術[センチネルリンパ節生検のみ]
乳房全摘術[センチネルリンパ節生検のみ]再建術は除く
090010xx99x4xx 乳房悪性腫瘍の化学療法 ドセタキセル等 42 2.43 4.25 0.00% 59.81
090010xx01x0xx 乳房悪性腫瘍の乳房切除術 等 35 9.74 10.34 2.86% 64.89 乳房部分切除術+腋窩リンパ節郭清
乳房全摘術+腋窩リンパ節郭清
乳房全摘術[センチネルリンパ節生検のみ]
100020xx010xxx 甲状腺悪性腫瘍手術 30 6.97 8.44 0.00% 59.83 甲状腺悪性腫瘍手術葉切除+リンパ節郭清
090010xx99x00x 乳房悪性腫瘍の治療 8.43

乳腺悪性腫瘍では平成30年の診療報酬改定でDPCコードに変更があり、昨年1位「乳房悪性腫瘍の部分切除術」と昨年2位「乳房悪性腫瘍の乳腺全摘出手術」が本年1位の「乳房部分切除(腋窩部郭清を伴わないもの)」に統合されました。乳房の悪性腫瘍患者は、昨年179人から166人と減少しています。
甲状腺悪性手術は、在院日数が7.04から6.97と縮小し、患者数も24人から30人と増加しています。


■食道外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060010xx99x40x 食道悪性腫瘍の化学療法 17 11.35 9.34 0.00% 69.06
060010xx01x1xx 食道悪性腫瘍の手術(消化管再建手術を併施するもの) 中心静脈中栄養を行うもの 11 36.36 36.09 0.00% 69.73
060010xx99x41x 食道悪性腫瘍の化学療法 肺炎等あり 16.74
060010xx99x00x 食道悪性腫瘍の治療 10.86
060010xx99x30x 食道悪性腫瘍の化学療法・放射線療法 18.24

食道外科の疾患で最も多いのは食道がんです。食道がんの治療においては、放射線、化学療法、内視鏡治療など他の治療法の選択、組み合わせを個々の患者さんごとに検討し、方針を決めています。手術では鏡視下手術を積極的に取り入れ低侵襲手術を心がけています。放射線治療後の症例や高度進行例では、安全性確保のため二期分割手術を行うので入院期間が長くなることがあります。


■肝臓・胆のう・膵臓外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等の手術 137 5.69 7.13 0.00% 61.80 腹腔鏡下胆嚢摘出術
060050xx02x00x 肝臓悪性腫瘍の部分切除術 39 12.90 13.74 7.69% 70.54
06007xxx99050x 膵臓、脾臓の腫瘍 の治療 パクリタキセル投与 35 8.97 9.47 0.00% 73.23
06007xxx010x0x 膵臓、脾臓の腫瘍 膵頭部腫瘍切除術 34 20.44 25.77 5.88% 67.65
060340xx99x00x 胆管結石、胆管炎の治療 25 5.96 9.68 0.00% 76.48

肝胆膵外科で悪性疾患として診療件数が多いのは肝臓の悪性腫瘍、その次が膵臓(脾臓)の腫瘍の化学療法になります。提示している患者数は、手術のみで治療した肝臓悪性腫瘍(がん)患者数ですが、手術に加えてその他の治療を併施している件数(DPCコードは別になります)を含めると診療患者数は2倍以上になります。また、膵臓癌は原則的に化学療法後に手術を行っています。
肝胆膵外科で良性疾患として最も診療件数が多いのは胆のう炎です。炎症を伴わない胆石症・胆のうポリープ等は術前準備を行い、待機的に予定手術を行います。強い腹痛を伴う急性・亜急性胆のう炎では診療ガイドラインに基づき、重症度分類を行います。重症の場合は経皮的ドレナージ(体外から胆のうを穿刺しチューブで感染胆汁を排出する)を行い、全身状態が落ち着いてから手術を行います。軽症・中等症の胆のう炎では、できるだけ早期に腹腔鏡下胆のう摘出術(緊急・準緊急手術)を行っています。


■血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 下肢静脈瘤手術等 36 2.14 2.78 2.78% 69.67 下肢静脈瘤血管内焼灼術
050180xx99xx0x 静脈・リンパ管疾患の治療 14.04
050340xx97xxxx その他の循環器の障害の手術 14.97
050200xx97xxxx 循環器疾患(その他)の手術 9.77

当院の血管外科で最も多いものは、下肢静脈瘤の治療です。これは静脈瘤をレーザーを使用して焼灼するもので、局所麻酔下に手術が可能です。本疾患は下肢の皮膚潰瘍、色調変化といった症状を呈することも多く、当院の皮膚科・形成外科と連携して診療にあたっています。また下肢閉塞性動脈硬化症の患者に対する動脈形成術や、腹部大動脈瘤の患者に対する動脈瘤切除術等も行っています。


■外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠経ヘルニアの手術 116 4.59 4.85 0.00% 69.98 成人鼠径ヘルニア修復術
060150xx03xxxx 虫垂炎の手術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの 51 4.73 5.45 0.00% 39.96 虫垂炎
060210xx99000x ヘルニアを伴わない腸閉塞の治療 40 9.10 8.89 0.00% 71.18
060210xx97000x ヘルニアを伴わない腸閉塞の手術 29 15.48 13.98 10.34% 72.24
060170xx02xxxx 腹腔瘢痕ヘルニア等の手術 25 8.72 8.05 4.00% 74.60

当院の外科で扱う良性疾患で多い疾患は鼠経ヘルニアです。腸などの内臓が鼠径部から外に飛び出し膨らんでくる病気です。
続いて急性虫垂炎(俗にいう盲腸)です。抗生物質での保存的加療と手術加療があります。保存的治療の対象となる患者さんも増えていますが、まだ手術/緊急手術が必要となる患者さんもまだ多くいます。手術法は従来の開腹での手術以外に、腹腔鏡での手術もあります。病状に応じて、また整容性も考慮し、適切な手術法を選択して治療を行っています。手術治療後は、病状(炎症の程度や重症度など)で変わってきますが、3~7日程で退院となります。
続いて腸閉塞です。癒着などに伴い起こる腸の通過が障害される病態で、単純性と絞扼性があります。絞扼性は緊急手術を要し、単純性は保存的加療で改善がないときに手術となることが一般的です。手術治療となった場合1~2週間程度の入院加療が必要です。


■整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折の手術 185 26.56 25.94 73.51% 82.15 大腿骨頚部骨折:人工骨頭置換術
大腿骨頸部転子部骨折:骨接合術
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)の治療 64 16.06 19.40 75.00% 78.45
070230xx01xxxx 膝関節症の手術 人工関節再置換術等 63 23.60 23.56 52.38% 76.02 全麻による人工膝関節全置換術
160620xx02xxxx 肘、膝の外傷の手術 関節滑膜切除術等 62 6.98 7.12 1.61% 56.32 腰麻による半月板切除術
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷の手術 腱縫合術等 30 13.77 14.10 6.67% 26.00 腰麻による半月板切除術
全身麻酔による前十字靭帯再建術半月板修復あり
全身麻酔による前十字靭帯再建術半月板修復なし

当院は救急症例に力を入れており、老人の股関節や大腿骨近位部の骨折症例が多く、人工骨頭挿入術を多く行っています。また、人工膝関節全置換術や人工股関節全置換術も多く行っています。術後はしっかりリハビリを行います。平成30年9月には外来センター病院に地域包括ケア病床がオープンしました。安心して自宅での生活ができるよう、必要に応じて外来センター病院へ転院しリハビリを継続していただく方も増えてきています。また膝や肘の外傷にも力を入れており、膝の外傷・スポーツ障害による靭帯・半月板・軟骨損傷、肘の靭帯・腱縫合術などの患者さんも多く受診されています。これらの疾患は、患者の年齢も若く、平均在院日数も全国平均より短くなっています。


■脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄の手術(腰部) 66 16.09 16.54 48.48% 68.59 全身麻酔による椎弓形成術:腰椎
070343xx99x20x 脊柱管狭窄の神経根ブロック 38 3.08 6.25 2.63% 71.26 神経根ブロック1日入院
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷のその他の手術 25 17.76 9.67 40.00% 79.96 慢性硬膜下血腫手術前日入院
慢性硬膜下血腫手術当日入院
070341xx020xxx 脊柱管狭窄の手術 頸部 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術 18 18.50 20.26 44.44% 65.61 椎弓形成術:頚椎
脊椎固定術_腰椎前方椎体固定
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 14 30.21 18.81 92.86% 70.57

当院では、脊柱管狭窄症の治療を多く行っています。一番多いのは腰部脊柱管狭窄症に対する手術で、顕微鏡を用いてできるだけ正常組織を温存して、十分な神経の除圧可能な低侵襲な腰椎椎弓形成術を行っています。
次に多いのは脊柱管狭窄の神経ブロックです。腰部の脊柱管狭窄では、お尻や足のシビレや痛み、歩行困難(休み休みでないと歩けない)、残尿感、排尿障害などの症状が現れます。選択的神経根ブロック(所要時間:10分)で除痛し、かつ責任神経根を同定します。腰痛の原因に成り得る腰椎椎間板・関節に対しては、椎間板ブロック・関節ブロックを実施します。以上の保存的治療が無効の患者さんには手術を考慮します。


■形成外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂の手術 93 2.82 3.10 0.00% 72.72 眼瞼下垂手術(当日入院1泊2日)
080220xx97xxxx 腋臭症の手術 18 8.61 6.83 0.00% 29.61
160200xx0200xx 顔面損傷の手術 鼻骨骨折整復固定術等 12 4.83 5.26 0.00% 30.58
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患の手術 3.27
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物の手術 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 4.01

当院の入院患者で最も多い病気は、眼瞼下垂症(がんけんかすいしょう)です。眼瞼下垂症とは、コンタクトレンズの長期使用や、加齢性変化などにより瞼が下がり、視野が狭くなる病気です。手術は美容目的ではないため、健康保険の適応となります。両側同時手術ですることもできます。入院手術は最短で一泊二日入院、希望によって数日間の入院や、日帰り手術でも可能です。
2番目に多いものは腋臭症治療による入院です。腋臭症とは、脇のアポクリン汗腺からの分泌物が、皮膚の細菌によって分解されることで特有のにおいを発する病気です。様々な治療法がありますが、当院では皮弁法といわれる手術を行っています。脇に5㎝程度の切開を行い、そこから皮下のアポクリン汗腺をハサミで切除する方法です。効果が高い術式ですが、術後の安静が必要になるため、1週間前後の入院が必要になります。
3番目に多いのが、顔面外傷です。顔面の傷や、顔面の骨の骨折を扱います。若年者の高エネルギー外傷に多く、整容性の回復も重要な要素になるため、きれいに治すことにも心がけています。
4番目は眼瞼内反症の入院です。上下眼瞼の睫毛が眼球方向に入ることで視力の低下や痛みを訴える病気です。瞼が眼球に向かって内反することが原因で、睫毛を外反させるため、上眼瞼については二重の手術、下眼瞼については余剰となる皮膚を切除し、場合によっては眼頭切開を加えることで睫毛の内反を修正します。睫毛が入っている場合は、健康保険の適応となります。
同じく4番目に皮膚の良性新生物の手術による入院があります。皮表から見えるほくろや、皮下のしこりを摘出する手術です。多くの場合は、局所麻酔の日帰りの手術になります。できものの大きさによっては入院し、皮膚をほかのところから移植する手術や周りの皮膚を利用してきれいに治す手術が必要になります。


■小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080270xxxx0xxx 食物アレルギーの治療 161 1.02 2.48 0.00% 3.29
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症の治療 50 5.22 6.19 0.00% 1.94
080270xxxx1xxx 食物アレルギーの治療 負荷検査あり 47 1.09 2.15 0.00% 3.60 小児食物アレルギー:経口負荷試験入院
100250xx99100x 下垂体機能低下症の成長ホルモン治療 32 2.69 3.65 0.00% 8.47 低身長検査入院
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎の治療 30 4.20 5.39 0.00% 2.87

小児科の入院で多いのは食物アレルギー関連の入院です。この入院では、疑わしい食品を少量から摂取し、避けるべき食品を正確に把握する負荷試験と、少量から慣らせていってその摂取ができるようにする減感作療法を行っています。
次に多いのは急性感染症で、肺炎や気管支炎、細気管支炎、嘔吐下痢症です。入院の対象となるのは、呼吸が苦しく酸素投与が必要な場合や、水分摂取ができなくなって点滴が必要となる場合です。主な病原体は、マイコプラズマなどの細菌やRSウィルスなどです。嘔吐下痢症はウィルスによる胃腸炎です。ノロウィルスやロタウィルスやアデノウィルスが病因となることが多いです。4位の下垂体機能低下症の治療では、入院中に負荷試験を行い、成長障害(低身長、思春期の異常)の原因を明らかにし、治療方針を確定しています。


■皮膚科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080010xxxx0xxx 膿皮症の治療 22 10.77 12.55 9.09% 66.59
080006xx01x0xx 皮膚悪性腫瘍の摘出術 黒色腫以外 19 8.63 7.90 0.00% 79.68
080020xxxxxxxx 帯状疱疹の治療 17 7.76 9.00 0.00% 77.24
080007xx010xxx 皮膚良性腫瘍の摘出術 14 2.57 4.01 0.00% 51.36
080110xxxxx0xx 水疱症の治療 28.56

当院皮膚科の特徴として、医師の専門性から皮膚腫瘍症例を扱うことが多いことが挙げられます。外来だけでなく、入院患者においてもその傾向が強く表れています。その他、ウイルス・細菌感染症が上位を占めていますが、これは他の総合病院においても同様と考えます。


■泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991x0x 前立腺悪性腫瘍の治療 前立腺生検 80 3.00 2.49 0.00% 71.71 前立腺生検
前立腺生検1泊2日
110070xx0200xx 膀胱腫瘍の手術 膀胱悪性腫瘍手術 79 5.37 7.07 0.00% 76.05 経尿道的手術
110420xx02xx0x 水腎症等の手術 経尿道的尿管ステント留置術等 17 4.47 4.22 0.00% 72.18
110060xx01x0xx 腎盂・尿管悪性腫瘍の手術 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 13.00 経尿道的手術
腹腔鏡下腎臓摘出術
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患の手術 その他の手術 7.38

当院では、前立腺の生検を最も多く行っています。次に膀胱癌に対する経皮的手術を多く行っています。腎・尿管悪性腫瘍については腹腔鏡による低侵襲手術を行っています。


■産婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 61 5.75 6.09 0.00% 44.80 子宮鏡下手術(粘膜下筋腫・子宮内膜ポリープなど)(腰麻)
腹腔鏡下腟式子宮手術(筋腫核出術含む)(全身麻酔)
120070xx02xxxx 卵巣良性腫瘍の手術 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 53 5.75 6.21 0.00% 43.25 腹腔鏡下付属器手術卵巣・卵管手術含む
腹腔鏡下付属器手術卵巣・卵管手術含む_当日入院
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(腟部)切除術等 43 2.98 3.13 0.00% 40.86 腹式子宮全摘術・子宮筋腫核出術
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常の手術 子宮全摘術等 33 9.15 9.66 0.00% 30.70 帝王切開術
12002xxx99x40x 子宮頸・体部悪性腫瘍の化学療法 33 2.94 4.58 0.00% 62.03 ドセタキセル+カルボプラチンを使用した化学療法

産婦人科では婦人病を広範囲に取り扱っています。2019年度に最も多かったのは子宮良性腫瘍に対する腹腔鏡手術でした。2番目に多かった卵巣良性手術を含め、いずれも低侵襲手術で、同手術の市井への浸潤・周知がこのような結果になったと思われます。また、子宮筋腫、腺筋症などの子宮良性疾患に対し、手技・機器の向上による腹腔鏡下手術適応拡大も手術件数の増加に寄与しています。3番目の子宮頸部・体部の子宮頸部手術はヒトパピローマウイルスワクチンの政府管掌が再開されず、引き続き一定数認めます。


■眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 480 3.19 2.78 0.00% 75.25 白内障手術片眼当日入院1泊2日
白内障手術片眼当日入院2泊3日
020220xx97xxx0 緑内障の手術 片眼 337 6.63 7.53 0.59% 70.91 緑内障(トラベクトーム)手術
緑内障(トラベクトーム)・白内障手術
緑内障(トラベクレクトミー)手術
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり 両眼 228 4.33 5.09 0.00% 75.90 白内障手術 両眼月曜入院月・木手術
白内障手術 両眼木曜入院木・月手術
020200xx9710xx 黄斑変性症の手術 水晶体再建あり 65 4.69 6.71 0.00% 66.89 黄斑前膜+白内障手術前日入院3泊4日
020220xx97xxx1 緑内障の手術 両眼 43 6.91 11.42 2.33% 72.60 緑内障(トラベクトーム)手術
緑内障(トラベクトーム)・白内障手術
緑内障(トラベクレクトミー)手術

当科で一番多い疾患は白内障です。白内障とは、眼の中のレンズの役割をする水晶体が濁ってしまうことにより、眩しい、ものがダブって見える、視力が低下するなどの症状をもたらす病気で、加齢がもっとも多い原因ですが、その他に他の眼の病気に合併したり、糖尿病、アトピー性皮膚炎などの全身疾患に併発することがあります。白内障手術は、一般的に水晶体超音波摘出と眼内レンズ挿入を行います。切開創は2~3mmと大変小さく、創を縫合することはほとんどありません。入院期間も2日~3日と短くなっています。最近では多焦点眼内レンズも用いられるようになりました。
緑内障は成人の失明原因のトップを占める疾患であり、視神経が障害されることにより、視野の狭窄、視力低下をきたす慢性疾患です。十分に眼圧を下降させることで視神経の障害を改善もしくは抑制することができますが、薬物療法で十分な眼圧下降が得られない場合には手術を行います。主なものは流出路再建術、濾過手術です。最近では低侵襲緑内障手術により患者さんの負担が軽くなるように努めています。また、これらの手術が有効でない難治性緑内障にはインプラント挿入術が行われる場合があります。
黄斑変性症の手術では、主に網膜前膜、黄斑円孔など、網膜の病気による視力障害に対して硝子体手術が行われています。最近は小切開硝子体手術により、患者さんへの負担が少なくなり、入院期間も短縮し、早い社会復帰が可能となっています。すでに白内障を発症している方や、50歳以上で硝子体手術により白内障の進行が予測される方には、白内障手術を同時に行うことがあります。
網膜剥離は眼球内側の神経の膜(網膜)に裂け目(網膜裂孔)ができて、裏側に液体が侵入し、網膜が眼球の壁から浮き上がり、失明の危機にさらされる病気です。20歳代と5,60歳代前後に主に見られるものです。従来から眼球にシリコン性のゴムを縫い付ける手術(網膜復位術)が行われてきましたが、最近ではより侵襲の少ない硝子体手術も広く行われています。


■耳鼻咽喉科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030428xxxxxxxx 突発性難聴の治療 19 8.37 8.93 0.00% 57.21 突発性難聴
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎の治療 16 7.38 6.80 0.00% 58.81 内視鏡下副鼻腔手術:慢性副鼻腔炎
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎の治療 12 4.00 5.45 0.00% 34.25
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患の治療 7.80 口蓋扁桃摘出術
030400xx99xxxx 前庭機能障害の治療 5.01

耳鼻咽喉科では、急性・慢性副鼻腔炎、扁桃周囲膿瘍、急性・慢性扁桃炎など感染に伴う様々な疾患を治療しています。疾患の重症度に合わせて外来通院治療あるいは入院加療を行っています。突発性難聴や顔面神経麻痺も耳鼻咽喉科で多く治療している疾患であり、これらも疾患の重症度に合わせて外来通院あるいは入院加療を行っております。治療後はかかりつけや紹介元の医院に紹介させて頂き、引き続きの通院をして頂くことになります。


■救急医学科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷の治療 12 2.00 7.34 8.33% 25.67 頭部外傷
161070xxxxx00x 薬物中毒の治療 10 3.00 3.52 10.00% 41.00 薬物中毒
160100xx97x00x 慢性硬膜下血腫の手術等 9.67 慢性硬膜下血腫手術前日入院
慢性硬膜下血腫手術当日入院

救急科では急性薬物中毒やアナフィラキシーショック(アレルギー)など緊急性の高い特殊疾患の入院管理を担当しています。また、高度な救命処置が必要な疾患も主担当科と連携して治療しています。慢性硬膜下血腫や頭部打撲等の脳関連疾患は救急科所属の脳外科医が対応しています。緊急手術が必要な虫垂炎や胆のう炎手術は外科で対応しています。

 

 

3.初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数 ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 162 44 22 52 2 106 1 7,8
大腸癌 110 64 138 76 10 104 1 8
乳癌 74 51 14 11 0 20 1 8
肺癌 104 18 47 70 3 163 1 8
肝癌 31 18 13 6 0 135 1 8

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

胃がんは、検診発見や他疾患で経過観察中に発見された早期がんが多く、ガイドラインにしたがって内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)や侵襲の少ない腹腔鏡下手術を多く行っています。
肝臓が原発の肝臓がん(転移性肝がんを含まない)は、病巣を切除しても背景に慢性肝炎や肝硬変などの慢性肝疾患を合併している場合が多く、再発が5年で約半数と再発率が高いのが特徴です。患者さんの状態に合わせて、ラジオ波焼灼療法(RFA)や肝動脈化学塞栓療法、肝切除術、化学療法を組み合わせて行っています。
大腸がんは、日本の食生活欧米化により近年増加傾向にあります。早期の場合は自覚症状が現れにくく、胃がん同様検診で発見されることが多いがんです。早期の場合は、内視鏡的切除術を、進行がんでは、外科的切除術あるいは化学療法を適切に行っています。
乳がんはStageⅠとⅡの患者さんが多く、乳がん初発患者の8割を占めています。自分で気になって外来受診された場合が多くみられます。
肺がんはStageⅠとStageⅣが多く、前者は外科手術、後者は化学療法を行っている場合が多いです。他院での治療後に当院に紹介された患者さんは初発病期不明に含めています。

 

 

4.成人市中肺炎の重症度別患者数等 ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 0 0 0
中等症 52 12.58 81.08
重症 47 16.04 83.96
超重症 10 22.00 85.50
不明 0 0 0

軽症は外来治療の対象ですが、当院の患者さんはがんや糖尿病などの合併症がある方が多く、感染症が重症化しやすいため、必要に応じて入院加療を行っています。
入院治療対象のなかでは中等症の患者さんが全体の約半数を占めており、平均年齢81歳と高齢の方が多いです。
重症度があがると平均在院日数や年齢も高い傾向があり、超重症の患者さんの平均在院日数は22日、平均年齢は85歳となっています。

 

 

5.脳梗塞の患者数等 ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 125 21.13 77.70 40.28
その他 19 16.16 78.68 5.56

脳梗塞の約85%が救急センターからの入院です。減圧開頭術を行っている症例もあり、日ごろから内科と脳外科が連携しながらt-PA治療による血栓溶解治療をはじめ適切に治療を行っています。脳梗塞の約45%が当院でのリハビリ後、継続してリハビリを行うために他院へ転院や通院されています。

 

 

6.診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで) ファイルをダウンロード
■消化器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 821 0.55 1.56 0.73% 66.73 内視鏡的大腸ポリープ切除術
内視鏡的大腸粘膜切除術(治療前日入院)治療日:月曜日・木曜日
内視鏡的大腸粘膜切除術_治療後入院(治療日:月曜日・木曜日)
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 160 5.71 9.19 4.38% 76.41 内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP)_膵炎リスクあり
内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP)_膵炎リスクなし
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル以上 99 0.66 2.18 1.01% 66.69 内視鏡的大腸ポリープ切除術
内視鏡的大腸粘膜切除術(治療前日入院)治療日:月曜日・木曜日
内視鏡的大腸粘膜切除術_治療後入院(治療日:月曜日・木曜日
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 96 0.13 6.27 1.04% 73.07 内視鏡的胃粘膜下層剥離術_当日入院
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 56 1.88 7.29 0.00% 76.73 肝動脈塞栓術_前日入院
肝動脈塞栓術(ビーズ)_前日入院
肝動脈塞栓術(ミリプラ)_前日入院

消化器内科で「手術」として扱われるもののうち最も多かったものは、大きさが2センチ未満の大腸ポリープの内視鏡切除(内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満)でした。2番目は肝臓と十二指腸をつなぐ胆汁の通り道である胆管が結石や炎症などで閉塞したときに内視鏡を用いて胆管にチューブを入れる治療(内視鏡的胆道ステント留置術)、 3番目は大きさが2センチ以上の大腸ポリープの内視鏡切除
(内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル以上)、4番目は早期胃癌を胃の内部から内視鏡で切除する手術(内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術)、5番目は肝臓にできた腫瘍を手足の血管からカテーテルを入れて薬や塞栓物質を入れる治療(血管塞栓術(選択的動脈化学塞栓術))でした。


■循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 11 3.36 5.45 27.27% 78.82 冠動脈形成術・ステント留置術前日入院:上肢穿刺
冠動脈形成術・ステント留置術前日入院:大腿穿刺
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 11 2.82 10.73 9.09% 83.36 ペースメーカー移植術前日入院
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術 不安定狭心症に対するもの 冠動脈形成術・ステント留置術前日入院:上肢穿刺
冠動脈形成術・ステント留置術前日入院:大腿穿刺
K620 下大静脈フィルター留置術

虚血性心疾患に対して、負荷心筋シンチ検査などで適応を検討し患者さんとの相談で希望のある患者さんに心臓カテーテルによる治療・経皮的冠動脈ステント留置術を、院内ハートチームのカンファレンスでの決定をもとに実施しています。徐脈性不整脈の患者さんに、日本循環器学会のガイドラインに基づいてペースメーカー移植術を行っています。希望の患者さんには、院内ハートチームにより外来でのペースメーカー遠隔モニタリングを実施しています。


■腎臓内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 57 6.56 12.77 5.26% 68.81 内シャント造設
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 27 6.52 18.33 11.11% 71.30 腹膜透析カテーテル埋め込み術
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 20 4.20 14.65 20.00% 74.35 経皮的血管形成術
K6072 血管結紮術(その他)
K613 腎血管性高血圧症手術(経皮的腎血管拡張術)

腎臓内科の手術で多いのは、血液透析の内シャント造設手術や内シャント狭窄に対するシャント形成術です。当院での症例の他、他院でのシャントトラブルの症例にも対応しており、外科・放射線科と連携を取りながら、手術・処置を行っています。
また、当院ではPD firstのポリシーのもと積極的な腹膜透析の導入に力を入れており、腹膜透析での腹腔内へのカテーテル留置手術も多く行っています。


■呼吸器外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 部分切除 45 1.18 5.38 0.00% 71.80 肺部分切除
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 39 1.23 7.44 2.56% 69.72 肺葉切除術
K5131 胸腔鏡下肺切除術 肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの) 29 3.00 3.69 0.00% 40.66 気胸
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 区域切除 22 1.32 5.91 0.00% 71.68 肺葉切除術
K5132 胸腔鏡下肺切除術 その他のもの 17 2.06 4.29 0.00% 63.35

呼吸器外科手術の中で最も多いのは肺がん手術です。画像診断の進歩により早期肺がんがより多く発見されるようになったことと、高齢者が増加し、より侵襲の低い治療が求められることなどを踏まえ、適切な縮小手術を積極的に取り入れています。進行がんでは手術を集学的治療の一つとして捉え、他科との連携を図っています。
また、気胸の診療においても、手術以外の治療法とどちらが適切かを個々の患者さんごとに検討し、適応を決めています。


■消化器外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 114 3.32 10.82 1.75% 69.06 結腸切除
K6552 胃切除術 悪性腫瘍手術 36 3.81 17.69 8.33% 71.61
K7193 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術 35 5.97 14.37 8.57% 74.89 結腸切除
K7322 人工肛門閉鎖術 腸管切除を伴うもの 32 2.69 11.06 0.00% 66.06
K7161 小腸切除術 悪性腫瘍手術以外の切除術(腸閉塞症手術) 26 2.04 15.96 3.85% 75.38

消化器外科で行う手術で多いのは結腸の切除術です。大半は悪性腫瘍の切除術ですが、良性の大腸腺腫症や多発憩室、虚血性大腸炎など炎症性疾患に伴う出血や壊死穿孔、狭窄症などの手術も行っています。結腸切除の予定手術では腹腔鏡下手術が多く行われています。次いで多いのは胃の悪性腫瘍手術です。小腸の手術も多く行いますが、その大半は良性疾患の手術です。手術部位、良性・悪性に関わらず高齢者の手術では入院日数が長く転院率が高くなる傾向を認めます。


■乳腺・内分泌外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 57 1.07 2.37 1.75% 63.67 乳房部分切除術[センチネルリンパ節生検のみ]
K4631 甲状腺悪性腫瘍手術 切除 24 1.00 4.58 0.00% 58.08 甲状腺悪性腫瘍手術葉切除+リンパ節郭清
K4763 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 17 1.00 6.06 0.00% 66.35 乳房全摘術[センチネルリンパ節生検のみ]再建術は除く
K4765 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの 乳房全摘術+腋窩リンパ節郭清
K4632 甲状腺悪性腫瘍手術 全摘及び亜全摘 甲状腺悪性腫瘍手術葉切除+リンパ節郭清

乳腺悪性腫瘍の部分手術の患者数は昨年度とほぼ変わりなく、今年度も1番多い入院となりました。また乳房切除術の患者数も同様に昨年とほぼ変わりありませんでした。甲状腺悪性腫瘍手術は昨年度は3番目に多い入院でしたが、今年度は2番目に多い入院となりました。


■食道外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5223 食道狭窄拡張術 拡張用バルーンによるもの 23 3.70 5.57 0.00% 70.61
K529-21 胸腔鏡下食道悪性腫瘍手術 頸部、胸部、腹部の操作によるもの 11 3.55 31.82 0.00% 69.73
K5203 食道縫合術(穿孔、損傷) 開腹手術

食道がんの治療においては、放射線、化学療法、内視鏡治療など他の治療法の選択、組み合わせを個々の患者さんごとに検討し方針を決めています。手術では鏡視下手術を積極的に取り入れ低侵襲手術を心がけています。放射線治療後の症例や高度進行例では安全性確保のため二期分割手術を行うので入院期間が長くなることがあります。


■肝臓・胆のう・膵臓外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 163 1.00 4.01 0.00% 63.31 腹腔鏡下胆嚢摘出術
K695-21 腹腔鏡下肝切除術 部分切除 20 2.05 11.90 0.00% 70.60
K7032 膵頭部腫瘍切除術 リンパ節・神経叢郭清等を伴う腫瘍切除術の場合又は十二指腸温存膵頭切除術の場合 17 3.18 29.53 23.53% 68.12
K672 胆嚢摘出術 12 0.58 8.42 16.67% 73.75
K702-21 腹腔鏡下膵体尾部腫瘍切除術 脾同時切除の場合 12 2.42 20.33 0.00% 63.92

胆膵外科の手術件数で圧倒的に多いのは胆石症に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術になります。それ以外は、ほとんどが悪性腫瘍(がん)手術になります。 肝胆膵領域のがんの手術術式は非常にバリエーションが多く、同じ術式でも細部が異なるため特定の術式別の件数はあまり意味がないかもしれませんが、血管合併切除などを伴わない単純な膵頭部領域の悪性腫瘍手術(膵頭十二指腸切除)、腹腔鏡下の肝部分切除などが代表的な術式になります。ただし、肝臓手術は部分切除以外に系統的切除や胆管切除を伴う手術など術式が非常に多彩なので、それらをまとめると実際の手術件数では膵臓手術より肝臓切除の方が多くなります。


■血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 35 0.14 1.00 2.86% 69.69 下肢静脈瘤血管内焼灼術
K6173 下肢静脈瘤手術 高位結紮術

当院の血管外科手術で最も多いものは、下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術です。これは静脈瘤をレーザーを使用して焼灼するもので、局所麻酔下に手術が可能です。本疾患は下肢の皮膚潰瘍、色調変化といった症状を呈することも多く、当院の皮膚科・形成外科と連携して診療にあたっています。2番目に多いのは、下肢静脈瘤に対する高位結紮術です。その他末梢血管バイパス手術や腹部大動脈瘤の手術も行っています。


■外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 92 1.08 2.63 0.00% 70.38 成人鼠径ヘルニア修復術
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの 52 0.29 3.85 0.00% 42.08 虫垂炎
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 27 3.11 7.93 3.70% 65.81 CVポート挿入術
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 25 1.20 2.40 0.00% 68.60 成人鼠径ヘルニア修復術
K714 腸閉塞症手術(腸管癒着症手術) 24 0.54 12.50 8.33% 70.50

当院の外科手術で多い疾患は鼠径ヘルニア(いわゆる脱腸)であり、腹壁の弱くなった部分から腹膜が脱出し、そこに腸など内臓が出てくる病気です。放っておくと大きくなったり、痛んだり、嵌頓(はまり込むこと)したりします。治療は手術でメッシュを埋め込んで腹壁の弱くなった部分を補強します(テンションフリー手術)。従来の鼠径部切開法の手術に加え、腹腔鏡下手術(TAPP、TEP)での治療も行っています。術後2~3日で退院される方が多くなっています。
虫垂炎も手術治療の多い疾患です。抗生物質での保存的加療と手術加療があります。保存的治療の対象となる患者さんも増えていますが、まだ手術/緊急手術が必要となる患者さんもまだ多くいます。手術法は従来の開腹での手術、腹腔鏡での手術があります。病状に応じて、また整容性も考慮し、適切な手術法を選択して治療を行っています。術後日数は今年は3日程度となり、短縮されています。
カテーテル設置も多く手術しています。抗癌剤の投与経路として、中心静脈カテーテルを皮下に埋め込みます。種々のがん疾患が増加するにつれて化学療法も増え、CVポート設置数も増えております。局所麻酔で行われる手術で、時間は30分程度です。翌日から使用し、抗癌剤を導入し終わってから退院になります。


■整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 133 2.91 20.98 66.92% 80.07 大腿骨頸部転子部骨折:骨接合術
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 87 1.20 21.82 48.28% 74.16 全麻による人工膝関節全置換術
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 71 4.63 21.73 81.69% 82.69 大腿骨頚部骨折:人工骨頭置換術
K068-2 関節鏡下半月板切除術 58 1.00 4.97 1.72% 56.07 腰麻による半月板切除術
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 48 3.27 14.17 47.92% 62.94

当院は救急症例に力を入れており、上腕・大腿・前腕・下腿の骨折に対する観血的整復術を多く行っています。また膝関節と股関節の人工関節全置換術や老人の大腿骨頸部骨折に対する人工骨頭挿入術も多く行っています。さらに、膝関節を中心とした関節鏡視下手術にも力を入れています。


■脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 椎弓形成 75 1.97 14.11 48.00% 67.87 椎弓形成術:頚椎・腰椎
全身麻酔による椎弓形成術:腰椎
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 25 1.28 18.04 48.00% 80.28 慢性硬膜下血腫手術前日入院
慢性硬膜下血腫手術当日入院
K1421 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定 13 2.69 13.08 46.15% 65.62 脊椎固定術_腰椎前方椎体固定
K093 手根管開放手術 13 0.08 2.00 7.69% 77.23 手根管開放術(1泊2日)
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術 その他のもの 12 8.33 36.17 50.00% 62.92 良性脳腫瘍

当科で一番多く行っているのは、脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 椎弓形成術です。腰部椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症など頻度の高い疾患に対して、金属スクリューを使用せずに、2~3cmの皮膚切開で片側だけの剥離展開をし、顕微鏡下に反対側の圧迫要因に対し脊柱管内側から除圧を行っています(片側進入両側除圧術)。術後の疼痛が少なく、高齢者でも翌日から歩行開始できるのが特徴です。腰椎すべり症、変性側弯症で固定術(金属スクリュー、スペーサを使用する手術)が必要な症例では、欧米では主流(日本では95%以上が後方手術)の腹部を切開進入する腰椎前方固定術ALIFと、従来の後方固定術(TLIF,PLIF)を症例に応じて選択して実施しています。腰椎前方固定術では、術後の腹痛はほとんどないのが特徴です。術翌日から歩行開始します。 慢性硬膜下血腫に対しては、頭蓋骨に小さな穴をあけて血腫排液・血腫腔内洗浄術を行っています。


■形成外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術 眼瞼挙筋前転法 77 0.01 1.91 0.00% 73.49 眼瞼下垂手術(当日入院1泊2日)
K0081 腋臭症手術 皮弁法 18 0.11 7.50 0.00% 29.61
K2193 眼瞼下垂症手術 その他のもの 15 0.00 1.33 0.00% 68.80 眼瞼下垂手術(当日入院1泊2日)
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術 肩、上腕、前腕、大腿、下腿、躯幹
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後)

当院の形成外科の入院手術で多い術式の1,3番は眼瞼下垂症に対する手術です。眼瞼下垂症とは、コンタクトレンズの長期使用や、加齢性変化などにより瞼が下がり、視野が狭くなる病気です。手術は美容目的ではないため、健康保険の適応となります。両側同時手術ですることもできます。入院手術は最短で一泊二日入院、希望によって数日間の入院や、日帰り手術でも可能です。
2番目に多いものは、腋臭症に対する手術です。腋臭症とは、脇のアポクリン汗腺からの分泌物が、皮膚の細菌によって分解されることで特有のにおいを発する病気です。様々な治療法がありますが、当院では皮弁法といわれる手術を行っています。脇に5㎝程度の切開を行い、そこから皮下のアポクリン汗腺をハサミで切除する方法です。効果が高い術式ですが、術後の安静が必要になるため、1週間前後の入院が必要になります。
4番目に多いものは、四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術と、ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術です。
四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術は皮膚よりも深い筋膜の下や筋肉の中にあるできものを摘出する手術になります。
ゲル充填人工乳房に関しては、2013年より乳癌の切除術後にシリコンインプラントを挿入し、乳房を再建することが認められました。近年再建を希望される患者様が増えており、当院でも乳腺外科と協力して、再建術を行っています。


■皮膚科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術 単純切除 24 0.92 6.04 0.00% 79.38
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径6センチメートル以上12センチメートル未満
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径3センチメートル以上6センチメートル未満
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径2センチメートル以上4センチメートル未満
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術 肩、上腕、前腕、大腿、下腿、躯幹

皮膚悪性腫瘍は高齢になるほど増加してくる疾患ですが、小型の病変では入院せず日帰り手術で行い、大型の病変、顔面の病変は入院で行うことが多くなっています。皮膚、皮下腫瘍の大型の病変(露出部、非露出部)および四肢・躯幹軟部腫瘍手術の摘出後の皮膚欠損に対して皮弁形成術や全層植皮術を行う為、ここに表れてこない広さの形成術、植皮術も多く行われています。


■泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 77 1.01 3.91 1.30% 75.66 経尿道的手術
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 24 1.00 5.58 0.00% 71.79 経尿道的手術
K830 精巣摘出術 陰嚢・精巣手術
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの 経尿道的手術
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 腹腔鏡下腎臓摘出術

当院では、膀胱腫瘍に対する経尿道的手術を多く行っています。検査のためここにはあげていませんが前立腺癌の診断を目的とした生検も数多く行っており、手術適応の前立腺癌症例に対しては、2020年1月よりロボット支援下前立腺全摘除術を行っています。


■産婦人科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 58 0.95 4.03 0.00% 41.52 腹腔鏡下付属器手術卵巣・卵管手術含む
腹腔鏡下付属器手術卵巣・卵管手術含む_当日入院
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 48 1.06 4.02 0.00% 48.23 腹腔鏡下腟式子宮手術(筋腫核出術含む)(全身麻酔)
K867 子宮頸部(腟部)切除術 42 0.98 1.00 0.00% 40.95 円錐切除術(蒸散術含む)(腰麻)
K8982 帝王切開術 選択帝王切開 32 2.28 6.59 0.00% 30.44 帝王切開術
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 20 1.45 3.95 0.00% 40.20 腹腔鏡下腟式子宮手術(筋腫核出術含む)(全身麻酔)

最も多かったのが、腹腔鏡による子宮附属器腫瘍摘出術でした。今年は2番目が腹腔鏡下子宮全摘術でした。子宮手術も低侵襲化の傾向が顕著となり開腹手術よりも腹腔鏡手術が多くなりました。3番目は子宮頸がんに対する円錐切除例でした。子宮頸がんワクチンの政府管掌が再開されておらず、頸部病変が一定数存在します。これは当院に健診部が複数個所あることも一つの要因と思われます。


■眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 681 0.02 2.44 0.00% 75.65 白内障手術片眼当日入院1泊2日
白内障手術片眼当日入院2泊3日
K2682 緑内障手術 流出路再建術 194 0.99 2.71 0.52% 71.41 緑内障(トラベクトーム)手術
緑内障(トラベクトーム)・白内障手術
K2683 緑内障手術 濾過手術 146 1.02 7.43 1.37% 70.47 緑内障(トラベクレクトミー)手術
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの 143 0.81 3.55 0.00% 65.31 黄斑前膜手術 前日入院3泊4日
黄斑前膜+白内障手術 前日入院3泊4日
黄斑円孔手術 前日入院5泊6日
K2821イ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 縫着レンズを挿入するもの 24 0.92 4.50 0.00% 73.33

水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合 その他のもの)は一般的な白内障の手術です。白内障は主に加齢により眼内のレンズ(水晶体)が混濁する病気です。手術では眼球に2~3mm程度程度の切開を行い、そこから水晶体の中身を細かく砕いて吸い出します(超音波乳化吸引術)。残った水晶体の袋(水晶体嚢)の中に、新たにプラスチック製のレンズ(眼内レンズ)を挿入します(眼内レンズ挿入術)。手術技術の進歩により、短時間で安全な手術が可能となり、入院期間も短く、外来通院でも手術は行われています。最近は乱視が矯正可能なレンズや遠方を近方の両方に焦点がある多焦点眼内レンズも使用されています。
眼の中では、動脈血から特殊な液体(房水)が分泌され、眼球内部に栄養を供給した後、茶目(虹彩)の付け根にある線維柱帯から静脈に入り、心臓に戻ります。線維柱帯が目詰まりを起こして眼の中の圧力(眼圧)が上昇すると、視神経が障害されて見える範囲(視野)が狭くなります(緑内障)。緑内障の手術は薬物療法では十分な眼圧下降が得られない場合に行われます。流出路再建術は線維柱帯に切開を加え、房水が静脈に流れ出やすくすることによって眼圧をさげる手術です。最近は新しい手術機器の導入により、短時間で小さな切開から手術が可能となりました。濾過手術は眼球に小さな孔を開けて房水を眼球表面の粘膜(結膜)の下に漏らすことにより眼圧を下げる手術です。流出路再建術より低い眼圧を得ることができます。緑内障の程度により、これらの手術を選択します。
硝子体茎顕微鏡下離断術は、眼球の中身であるゼリー(硝子体)が関係した病気に対する手術です。網膜前膜や黄斑円孔などの黄斑の病気や、網膜剥離、糖尿病網膜症の治療にも用いられます。眼の中に硝子体カッターという細い棒状の器具を挿入し、硝子体を切除します。最近では使用される器具の口径が0.4~0.5mmの非常に細いものが用いられ、無縫合、低侵襲の手術が可能となりました。
水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合 縫着レンズを挿入する場合)は特殊な白内障手術です。水晶体を支える線維(毛様体小帯)は年齢とともに弱くなります。高齢化により水晶体や以前に水晶体嚢内に移植された眼内レンズがずれてしまう場合がしばしばみられるようになりました。このような時にはずれた水晶体や眼内レンズを取り出して新しい眼内レンズを眼の中に糸で固定します。


■耳鼻咽喉科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 内視鏡下副鼻腔手術:慢性副鼻腔炎
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 口蓋扁桃摘出術
K331 鼻腔粘膜焼灼術
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術IV型(汎副鼻腔手術) 内視鏡下副鼻腔手術:慢性副鼻腔炎
K368 扁桃周囲膿瘍切開術

外来小手術、上記手術を入院にて行っています。手術の種類によっては他院に紹介させて頂いております。


■救急医学科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(止血術)
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術
K013-23 全層植皮術(100cm2以上200cm2未満)

現在、外科救急医不在にて手術は行っていません。

 

 

7.その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率) ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる 3 0.02
180010 敗血症 同一 40 0.32
異なる 35 0.28
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる 1 0.01
180040 手術・処置等の合併症 同一 86 0.68
異なる 7 0.06

敗血症の原因は、尿路感染症や腎盂腎炎が多く、平均年齢はそれぞれ、84歳と82歳でした。処置・手術の合併症では腹膜透析患者の腹膜炎やカテーテル感染、透析患者の透析シャントの狭窄や感染が大半を占めています。

 

更新履歴

2020.9.25 ページを公開しました

 

 

このページの先頭へ