岡山済生会総合病院

お問い合わせは 086-252-2211(大代表)
MENU

ボランティア活動のご紹介

ボランティア活動のご紹介

岡山済生会総合病院では、患者さんが少しでも快適な病院生活ができるよう、安心して受診できるよう、そして地域とつながりを持てるよう、平成10年よりボランティアが活動しています。

免許・資格は特に必要ありませんが、ボランティア活動をしてもらうためには、病院や緩和ケアについて知っていただく必要があります。そのため、研修を受け、その後、当院ボランティアが適しているかどうか面接でつきあわせ、その結果で登録して活動しています。

病院ボランティアは年1回、春に募集しています。また、適宜随時にも募集しています。

活動場所 外来センター 病院 病院 病院・外来センター 病院
外来 整形外科病棟 ふれあい情報コーナー 通訳 緩和ケア病棟
活動内容 ・場所案内
・受診の手続き
・移動介助・車いす など
・移動介助・車いす など
・雰囲気づくり、写真展示 など
・図書の整理
・ご利用案内 など
・外国からの患者さんや研修生の支援 ・お茶・お花のサービス、手芸、絵手紙、行事の企画・運営 など

ボランティア活動

ボランティアは、外来、整形外科病棟、図書・情報コーナー、通訳、緩和ケア病棟に分かれて活動しています。

以下、各グループに参加されているボランティアからの具体的な活動や感想などを紹介します。

外来ボランティア「すみれ」

s-X'masshugou外来を受診される患者さんにとって外来ボランティアは最初に出会う人です。来院された不安な気持ちを少しでも和らげられるよう笑顔で接することを心がけております。時には患者さんから「あんたの顔を見るとホッとするよ」等、うれしい言葉もいただけます。
正面玄関に、夏には七夕様の短冊を、冬にはクリスマスツリーを飾り、折々の季節を感じていただいています。活動後のおしゃべりタイムも楽しみの一つです。仲間と一緒にとても楽しく活動しています。

整形外科ボランティア

s-seikeigekabyoutouvol病院5階病棟のデイルームで主に活動しています。入院患者さんを2階のリハビリテーションセンターまで主に車いすを介助して送迎しています。それがない時はデイルームで患者さんとの会話、オブジェの設置、ペーパークラフト作成、折り紙、花の水替え、写真展示など、各自できることをして和やかな雰囲気づくりができればという思いで来ています。
その他には病棟スタッフの方の要望、指示に従っています。現在、メンバーは男性3名、女性1名で火・水曜日に活動しています。社会参加を目指している方、大歓迎です。

図書・情報ボランティア

s-toshojouhouvolふれあい情報コーナーは病院1階にあります。(開館時間:午前9時~午後5時)。ボランティアはそのうち2時間程度活動しています。パソコンや医療関係の本・小説・雑誌などが約1,000冊あります。主な活動は図書の貸し出しや整理などです。小さい部屋ですが、患者さんが病気のことを調べたり、読書をしたりして利用されています。本が少しでも役に立てばいいなと思っています。そして、社会・人とのつながりを感じます。

通訳ボランティア

外国からの研修生のお世話や、日本語が不自由な患者さんの受診の支援をしています。異国での病気や出産は不安なものです。自分だったらどのようにしてほしいかを考えながら、活動しています。

英語を中心に対応していますが、他言語も募集しています。利用者の方に、できるだけ予約をお願いして活動しています。

緩和ケアボランティア「虹」

緩和ケア病棟(ホスピス)では、次の6つのグループで活動しています。

イベントグループ

s-ivent-g患者さんが四季折々を感じられるように、1月は新春お茶会、3月ひな祭り、7月七夕祭りと患者さんや家族の方と30分程度の催し物を、またティータイムには季節感のあるデザートを楽しんでいただいています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  

ティーサービスグループ

s-tea-service-g火・水・木・金曜日午後3時にティーサービスをしています。初めてお抹茶を飲まれて、うれしそうに「おいしい」と言ってくださる方。コーヒーの香りに顔をほころばせて、両手を合わせておられる方。私たちボランティアは、患者さんから無償の宝物をいただいています。皆様もご一緒に感動をいただきませんか?
 
 
 
 
 
 

絵手紙グループ

s-etegami-g季節の花、果物、野菜などを題材に個性を生かした葉書絵を患者さん、ご家族、お見舞いの方とご一緒に描いています。「今日は描けないけど、見せてもらうだけ」と出ていらして、お話をして病室へ戻られることもよくあります。懐かしい唱歌などを一緒に歌ったこともありました。

絵手紙だけにとらわれることなく臨機応変! 自分の隠れた能力を引き出してもらえる場でもあると感じます。(火曜日に活動しています)
 
 
 
 
 
 

手芸グループ

s-shugei-gアットホームな雰囲気を感じていただきたくパッチワークでベッドカバーを作っています。また、病棟の依頼により、次の作業をしています。
 ① 布切り(シーツなどの古くなったもの)
 ② ブーメランクッション、車椅子の座布団、器具のカバー等の作製および直し
 ③ 台ふきん、ぞうきん作り
 ④ 患者さんから頼まれたもの作り
  (水曜日の午前中に活動しています)

月見草

傾聴やお手伝い(散歩、買物その他)をしています。看護師長や看護師さんの指示やアドバイスを受け、お部屋に行くようにしています。患者さんやご家族のことを常に考え、言動に気を配れるように心がけています。

 
土曜日グループ

「平日は勤めているので活動できないけれど、土曜日ならできる」というボランティアがたくさんいます。お花の水替えをしたり、月1回行われる音楽療法の時間も手伝いながら、患者さんと一緒に楽しませていただいています。

その他

グループに関係なく、ボランティアが各部屋、病棟全体に季節の花や野の花などを活けるように心がけています。皆様、「きれいな花をありがとう」とおっしゃってくださいます。

このページの先頭へ