岡山済生会総合病院

お問い合わせは 086-252-2211(大代表)
MENU

診療科・部門

看護部の教育体制

岡山済生会総合病院看護部 教育理念

社会情勢の変化、医療の進歩に応じた看護を提供できる看護師を育成します

  1. 思いやりをもって一人ひとりを大切にした看護サービスが提供できる看護師を育成します
  2. 科学的根拠にもとづいた、看護を実践できる能力を育成します

教育目的

看護部の理念のもとに、社会情勢の変化、医療の進歩に即応するため、看護職員の主体的学習を支援することにより、質の高い看護サービスを提供できる人材を育成します。

教育目標

  1. 専門職業人として知識・技術・態度を習得し、臨床実践能力を向上できる。
  2. 事故の看護観を発展させ、主体的な看護が実践できる。
  3. 科学的根拠にもとづいた探究心をもって、問題解決能力、判断力を身につけることができる。
  4. 医療チームのキーパーソンとしての自覚を持ち、良い人間関係が持てる。
  5. 倫理的感性を持ち、また済生会組織人としての役割・心構えの理解と適切な行動ができる。

看護職員能力開発システム

岡山済生会総合病院看護部では、看護職員の能力開発の道具としてクリニカルラダー(臨床看護実践レベル)を導入しています。また、看護管理者育成にあたっては、人材育成、組織運営に関わる資質を高めるためにマネジメントラダーを導入しています。

1.クリニカルラダーの目的

  1. 看護職員個々の目標を明確にし、キャリア開発に役立てる。
  2. 看護職員個々の能力向上のための動機づけとする。
  3. 自己評価の指標とし、職務満足度を向上させる。

2.マネジメントラダーの目的

  1. 看護実践の組織化能力向上のための動機づけとする。
  2. 看護管理におけるキャリアアップに役立てる。

クリニカルラダー 基本構造

クリニカルラダー 基本構造

マネジメントラダー 基本構造

マネジメントラダー 基本構造

看護部教育体系概念図

看護部教育体系概念図

このページの先頭へ