岡山済生会総合病院

お問い合わせは 086-252-2211(大代表)
MENU

診療科・部門

腎不全

腎不全とは?

腎不全とは腎臓の働きが、正常の30%以下に低下した状態をいいます。

腎不全には急性腎不全と慢性腎不全があります。腎不全は初期には無症状のことが多く、進行するにつれてさまざまな症状が出現してきます。腎不全の症状を腎臓の七つの働きと照らし合わせてみましょう。

1.尿毒素がたまる

消化器の症状 食欲がない、吐き気がする、口臭がする
精神・神経の症状 記憶力・思考力の低下、怒りっぽくなる、不眠
貧血症状 息切れ、動悸(胸がどきどきする)
皮膚の症状 皮膚が黒っぽくなる、かゆみ
呼吸器の症状 呼吸困難(肺うっ血、肺水腫)
眼の症状 視力低下、眼底出血
内分泌系の症状 女性は生理不順・男性では女性化乳房、小児の発育不全
その他 感染症を起こしやすい、出血しやすい

2.水分がたまる

体の中では次のような変化が起こります。

  1. 循環血液量が増加する(血液が薄まる)
  2. 血管内に血液の量が多くなり、血管に負担がかかる(血圧が上昇する)
  3. 心臓が大きくなる(心胸比が大きくなる)
  4. 肺に水がしみだす(肺水腫)

そして実際には次のような症状が現れます。

  1. むくみ
  2. 動悸・息切れ・呼吸困難
  3. 咳・たん
  4. 胸痛・胸が重苦しい
  5. 寝ていると息苦しく、起きていると楽(起座呼吸)

3.電解質の調節ができなくなる

ナトリウムがたまると 口渇・むくみ・血圧が上昇する
カリウムがたまると 手指がしびれる・口唇がしびれる・だるい・胸が苦しい
リンがたまると カルシウム沈着による関節の痛み・かゆみがある
マグネシウムがたまると 吐き気がする、嘔吐する

4.血液が酸性に傾く

腎臓でアルカリ性物質が作られないため、酸性物質を中和できなくなります。そのため血液が酸性に傾き、呼吸や電解質の異常が起こり、ひどくなると生命に危険を及ぼします。

5.貧血になる

造血刺激ホルモン(エリスロポエチン)の分泌低下によって貧血がおこります。尿毒素によって血液が壊されたり、出血したり、食欲が低下するなどの理由で貧血が助長されます。

6.カルシウム代謝異常がおこる

腎臓でビタミンDが活性化されないために血液中のカルシウムが不足し、骨がもろくなり骨折しやすくなります。

7.血圧が上昇する

高血圧のほとんどの原因は、尿量が減少し、水分・塩分がたまることによるものです。レニンの過剰な分泌によって血圧が高い人が時にみられます。

このページの先頭へ