岡山済生会総合病院

お問い合わせは 086-252-2211(大代表)
MENU

初期臨床研修医

院長・指導医からのメッセージ

内科 山本 和秀(院長)

内科 山本 和秀(院長)臨床に携わる医師として必要な要素に、人間性(アート)と知識・技量(サイエンス)の2つがあります。特に、医師として求められる人間性の部分は臨床医を続ける限り必須であり、生涯にわたり大切なものです。私は、この人間性の部分は医師に成り立ての時に確立されると思っています。それは、まだ医師として成り立ての新鮮な目で患者さんや先輩の医師を観察できるからです。この期間に、自分が将来どんな医師像を目指すのか、どんな先輩を目標にするのか、どんな患者さんを助けたいと思うのか、などについて考え、生涯の方向性を決める大切な時期にあたります。岡山済生会総合病院には人間性に優れた多くの先輩がおり、また指導体制も整っています。私たちと一緒に優れた臨床医を目指して頑張りましょう。

外科 大原 利憲(総合医療長)

外科 大原 利憲(総合医療長)卒業後の数年間は将来の方向性を決める重要な時期になります。卒後就職してみて、大学で学んだことと実際現場で診療することに大きな開きがあると感じました。興味は変化しますので、初めはできるだけ広い視野で受け入れ、自分に合った方向を決めたらいいのではないでしょうか。

まずは実践です。専門性の高い診療もありますが、幅広く多くの症例がある当院での研修は大変役に立つと思います。私も済生会で研修した後に外科医を目指し、途中博士号取得のため大学で研究しましたが、医長として再度済生会にお世話になりました。やはり人だと思います。いい指導者や仲間に恵まれれば将来大きな財産となります。

将来の計画がはっきりしている人は、早い時期より専門に向かう人もいますが、済生会病院はどちらでも対応できる病院と考えています。

内科 塩出 純二(院長代理・臨床研修部長)

内科 塩出 純二(副院長・臨床研修部長)当院は、救急医療、がん診療をはじめ地域のニーズに幅広く対応している急性期病院です。

初期臨床研修では、豊富な症例を経験できますので、十分なプライマリケアの実力をつけることができます。実際に指導医の下で患者さんを受け持ち、数多くの手技を修得でき、3年目からの専門研修へつながるようにしています。このほか、科を超えた疾患別のセンターや専門的なチーム医療にも参加でき、希望者にはかなりなレベルの研修が可能です。私たちと一緒に医師としてのスタートを切ってみませんか。

外科 片岡 正文(診療部長)

外科 片岡 正文(診療部長)初期研修医制度が始まり10年が経ちました。当院で初期研修を終えた皆さんが一段と成長し、大学病院を初めいろいろな病院で生き生きと活躍している姿を見る機会も増え、とても頼もしく思っております。ここでもう一度研修病院として岡山済生会総合病院の特徴について考えてみました。

第1の特徴は、済生会病院は幅広い分野の疾患を診療していることです。特に、症例が多い消化器、腎疾患はもとより、その他の分野も他施設に引けを取らない症例数を診療しています。

第2の特徴は、common diseaseを多く診療していることです。例えば、外科系では、難易度の高い手術を行うと同時に虫垂炎、鼠径ヘルニア、胆嚢炎、気胸、四肢の単純骨折、脱臼など外科的common diseaseを非常に多く診療しています。

第3の特徴は、高度で最先端の急性期医療だけではなく、いろんな段階の患者さんの診療に接することができることです。済生会病院には地域医療の方々と連携して患者さんを全人的、継続的に診療する伝統があります。済生丸による瀬戸内離島診療、検診などの予防医療や、県内でもっとも歴史のある緩和ケア病棟を併設し、がん末期の患者さんの専門的診療も行っています。初期研修医の皆さんには、common diseaseのprimary careを確実に習得してもらうことを中心に、幅広い診療の経験ができるようにプログラムを考えています。

内科 藤岡 真一(診療部長・副プログラム責任者)

内科 藤岡 真一(診療部長・副プログラム責任者)「情熱(パッション)」!! 研修指導医の仕事は何か? 研修医をどのように育てたいか? 10年余り研修指導医の役割を自問自答してきました。自分なりの結論・・・指導医の役割は、研修医がいつでも前を向いて、自分の近未来をイメージできるよう、医療に対するパッションを継続できるよう支援することです。

岡山済生会総合病院を外から見ると、岡山駅近くで便利がよく、多くの大学や運動公園が近くにあって生活環境がよいことがイメージされます。一旦病院の中に入るとスタッフは若く、中でも研修医はいつも前を向いてプライマリケアに従事しています。基幹病院には珍しく、コメディカルを含めたチーム医療が充実しており、いかなる苦労も仲間と一緒に乗り越えていける・・・そのような病院です。

同じパッションを共有した多様なコメディカルや同僚が、パッションある君たちを待っています。

放射線科 安井光太郎(診療部長)

放射線科 安井光太郎(診療部長)患者を助けようという気持ちではどこにも負けないのが岡山済生会総合病院の魅力です。

整形外科 川上 幸雄(診療部長)

整形外科 川上 幸雄(主任医長)皆さんが医師を目指そうと思い始めたとき、将来の自分についてそれぞれがいろいろな夢を描いていたと思います。しかし、いざ医師としてのスタートラインを目前にすると、自分の進むべき方向に迷いが生じている人もいるのではないでしょうか。

岡山済生会総合病院は岡山駅に隣接するという立地条件から、岡山県下からさまざまな疾患を持つ患者さんが訪れます。そして、県下有数の手術件数を誇ります。

2016年スタートの新病院では、救急センターやがん拠点病院としてさらなる充実を図ります。皆さんが夢を抱き、それに挑戦し、そして実現することができる病院です。その手助けをするのが私たち指導医に課せられたミッションです。

内科 北村 卓也(主任医長)

内科 北村 卓也(医長)こんにちは。医学生の皆さん。研修期間は一人前の医師になるための極めて大切な時期です。

さまざまな状況において「自分で考え、適切に判断し、行動する。分からないときは相談する」ことができるようになることが重要です。それを教える我々も学び続ける必要があります。「自ら積極的に学ぶ強い意志」を持っている若い皆さんと一緒に、楽しく医療に取り組みたいと思います。

外科 児島 亨(医長)

外科 児島 亨(医長)”いい臨床研修ができる病院”というのは、病院全体のさまざまな分野を通じて診療レベルが高く、また、各診療科間・部門の垣根が低く、相談や情報提供などのコミュニケーションがとりやすい、そして指導に熱心な上級医がいる病院だと思います。

すなわち”いい臨床研修ができる病院”=”いい病院” なのだと私は思っています。手前味噌かもしれませんが、当院は現在でも”いい臨床研修をしてもらえる、いい病院”だと思っていますし、今後もさらに向上していく努力をすることをお約束します。ぜひ”いい臨床研修”を求めて当院へ来てください。それに応えることが私たちの力になります。やる気だけあれば十分です。一緒に頑張りましょう! 皆さんにお会いすることを楽しみにしています。

救急科 稲葉 基高(医長)

救急科 稲葉 基高(医長)「道をえらぶということは、かならずしも歩きやすい安全な道をえらぶってことじゃないんだぞ。」(出典:ドラえもん)

人生において若い頃にしかできないチャレンジがあります。

新しい済生会病院で常にチャレンジし続ける、ガッツのある研修医を待っています。

研修医の頑張りが成長に。その環境作りをしていきたいと思っています。

このページの先頭へ