岡山済生会総合病院

お問い合わせは 086-252-2211(大代表)
MENU

病院紹介

DPCデータによる病院指標(平成27年度)

当院の特徴や急性期医療の現状を理解していただくことを目的として、DPCデータを利用した全国統一の定義と形式に基づいた指標を公開いたします。指標の分析・解説をとおして当院の医療を振り返り、医療の質向上に取り組んでまいります。

  

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
DPC(診断群分類別包括制度)とは

入院患者さんの病名と治療内容によって、国で定めた1日あたりの定額の点数から入院医療費を計算する制度です。

集計対象

平成27年4月1日から平成28年3月31日までに当院を退院され、一般病棟に1回以上入院された方
医療保険だけを使用した診療(自賠責保険や労災保険、自費等は除外)をおこなった方
入院後24時間以内の死亡、生後1週間以内に死亡した新生児、臓器移植は集計対象外とする

共通項目の定義

在院日:初回入院年月日から最終退院年月日までの延べ日数
患者数:一連の入院を1患者としてカウント 10未満の場合は-(ハイフン)で表示
年 齢:初回入院開始日時点の満年齢
転院率:他の病院・診療所へ転院した患者数/全退院数から算出

個別項目の定義

1)年齢階級別退院患者数
・年齢階級別(10歳刻み)の患者数
・年齢階級は90歳以上を1つの階級として設定

2)診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
・各診療科別に患者数の多いDPC14桁分類についてDPCコード、名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢、患者用パスを示す
・転科した場合は、最も医療資源を投入した傷病の担当医が所属する診療科で集計

3)初発の5大癌のUICC病期分類別ならびに再発患者数
・初発患者はUICCのTNMから示される病期分類による延患者数を集計
・再発患者(再発部位によらない)は期間内の延患者数を集計
・Stage「0」は集計対象外
・Stage判定にはUICC病期分類第7版を使用

4)成人市中肺炎の重症度別患者数等
・成人の市中肺炎(入院後発症した肺炎を除く)が対象
・入院契機病名および最も医療資源を投入した傷病名が肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎に限定
・重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を示す。
・重症度分類は、A-DROPスコアを用いる。
・重症度分類の各因子が1つでも不明な場合は「不明」に分類する

A-DROPスコアとは
日本呼吸器学会の成人市中肺炎診療ガイドラインに掲載されている肺炎重症度分類

Age(年齢) 男性70歳以上、女性75歳以上
Dehydration(脱水) BUN21mg/dL以上または脱水あり
Respiration SpO2≦90% (PaO2 60Torr以下)
Orientation(意識障害) 意識障害あり
Pressure(収縮期血圧) 収縮期血圧90mmHg以下

※5点満点で、1項目該当すれば重症度1、2項目該当すれば重症度2となる

5)脳梗塞のICD10別患者数
・脳梗塞のICD10別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示す
・最も医療資源を投入した傷病のICD10コード(G45$、G46$、I63$、I65$、I66$、I675、I679)別に集計
・発症日から「3日以内」「その他」に分けて集計 
 ICD10とは…異なる国や地域から、異なる時点で集計された死亡や疾病のデータの分析、比較などを行うため、世界保健機関(WHO)が作成した分類で、病名や病態に対してアルファベットと数字からなるコード(=ICD10コード)が割り当てられている

6) 診療科別主要手術別患者数等(診療科別症例数上位3位まで)
・診療科別に手術件数の多い3術式について、患者数、術前回数、術後日数、転院率、平均年齢、患者用パスを示す
・入院中に行った手術の中で主たる手術のみをカウン卜
・輸血関連(K920$)、創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術、軽微な手術、およびすべての加算は除外
・術前日数は入院日から主たる手術の手術前日までの日数
・術後日数は主たる手術の手術翌日から退院日までの日数

7)その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
・最も医療資源を投入した傷病名が播種性血管内凝固、敗血症、その他の真菌症、手術・術後の合併症の症例数を入院契機病名の「同一」「異なる」にわけて集計
・発生率は、症例数/全退院患者数で算出
 

1.年齢階級別退院患者数 ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 758 302 370 439 756 1222 2548 3250 2588 533

全退院患者の平均年齢は64.1歳で、70歳以上が5割以上、60歳以上が7割以上を占めています。平均年齢は年々上昇する傾向にあります。

2.診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで) ファイルをダウンロード

■呼吸器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上)の治療 247 13.01 14.34 6.07% 71.01 市中肺炎_細菌性肺炎疑い(中等症)スルバシリン
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎の治療 199 22.82 21.69 18.59% 85.70 誤嚥性肺炎
040040xx9904xx 肺悪性腫瘍の化学療法 100 11.14 13.38 1.00% 68.34

呼吸器内科で最も多い症例は肺炎です。できるだけ起因菌を同定し、それに応じて抗生剤を選択し治療を行っています。
症例数が2番目に多いのは、誤嚥性肺炎となります。人口の高齢化の影響で近年増える傾向にあります。誤嚥性肺炎の平均年齢は85歳ととても高齢であることが分かります。合併症も多く入院期間が長くなる傾向があります。
肺がんも入院症例が多い疾患です。診断および抗がん剤治療、放射線治療をチーム医療で行っています。

■循環器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全の治療 90 22.20 18.30 13.33% 83.22 心臓リハビリ ベットサイド
心臓リハビリ リハビリセンター
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患の心臓カテーテル検査 22 3.23 3.07 4.55% 73.64 心臓カテーテル 下肢動脈造影
050130xx99020x 心不全の治療、放射線を用いた心機能検査あり 12 22.92 26.02 16.67% 74.00

循環器内科の最も多い症例は心不全です。平均年齢は80歳以上と高く、後期高齢者の患者さんが大半です。1割強の患者さんは転院をされますが、大半の方は、3週間の入院期間で内服加療の上リハビリに励んで自宅に退院されます。
2番目に多い症例は、狭心症、心筋梗塞で、心臓カテーテルでの検査や治療を受けられます。狭心症の場合には、3日前後の入院で退院でき、力仕事でなければすぐに仕事にも出られます。退院後は、動脈硬化の悪化を抑制するため、かかりつけの先生と連携して加療を行います。

■消化器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx03xx0x 大腸ポリープの内視鏡的切除術 283 2.51 2.76 64.52 ポリペク ポリペク後入院
大腸EMR治療後入院 3日間
大腸EMR前日入院
060050xx97x0xx 肝臓悪性腫瘍の血管塞栓術 143 10.06 11.98 0.70% 75.08 肝動脈塞栓術
060340xx03x00x 胆管結石、胆管炎の内視鏡的ドレナージ 120 11.50 10.93 1.67% 71.44 ERCP(内視鏡的逆行性胆道膵管造影) 膵炎リスクあり
ERCP(内視鏡的逆行性胆道膵管造影) 膵炎リスクなし

入院患者さんを病名や治療方法によって、DPCという分類を用いて細かく分けた場合、消化器内科で症例数が最も多い分類は、「大腸ポリープの内視鏡的切除」です。良性のものが多いですが、そのポリープの一部が悪性の場合がありますので、切除しています。当院では、ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)という方法で行っています。
2番目に多い分類は、「肝臓悪性腫瘍の血管塞栓術」で、動脈に入れたカテーテルという管から薬などを注入し、がんに栄養が行かないようにする治療です。放射線科と連携して治療にあたっています。
3番目に多い分類は、「胆管や十二指腸主乳頭の内視鏡ドレナージ」で、内視鏡的にステントといわれる器具をいれて胆道を広げる治療等を行っています。
消化器内科で「手術」に含まれる治療法のなかで、最も多いのは、「大腸ポリープを内視鏡で切除する」治療です。次に多いのは、「肝臓の腫瘍に対して、動脈に入れたカテーテルという管から薬などを注入する」治療です。

■リウマチ科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患の治療 26 25.27 18.15 11.54% 61.35
070470xx99x5xx 関節リウマチの生物製剤を用いた治療 6.72
070470xx99x2xx 関節リウマチのリハビリ治療 26.73

2015年のリウマチ科の入院は278例でした。そのうち最も多いのは全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患の診断群で、26例(初発例16名、再燃例10名)でした。自己免疫性疾患の内訳としては全身性エリテマトーデス8例、リウマチ性多発血管炎6例、多発性筋炎/皮膚筋炎4例、シェーグレン症候群2例、全身性強皮症2例、ANCA関連血管炎1例、ベーチェット病1例、サルコイドーシス1例、間質性肺炎1例でした。外来で診断がつかない不明熱などの精査入院が多く、診断までに感染症、悪性腫瘍などの疾患との鑑別を要し、平均在院日数は25日でした。膠原病疾患で継続加療が必要なため、退院後は当院外来でフォローすることが多くなっています。
また、症例数が2番目に多いのは関節リウマチで生物製剤のトシリズマブ・アバタセプトによる治療を行った診断群で9例でした。当院通院中の関節リウマチ患者の約2割の86名に生物製剤を使用していますが、点滴投与を要する生物製剤への変更の場合、1回目の投与は入院の上、施行してします。
3番目に多いのは、関節リウマチの治療とともにリハビリ治療も行った診断群で7名でした。ご高齢の関節リウマチの方を中心にリハビリを施行しています。

■糖尿病内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病の血糖コントロール(教育入院) 186 13.06 15.35 1.08% 62.32 糖尿病教育入院 2週間
糖尿病教育入院 1週間
100060xxxxxxxx 1型糖尿病の血糖コントロール(教育入院) 21 13.24 14.30 54.62 糖尿病教育入院 1週間
糖尿病教育入院 2週間
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシスの治療 17 14.47 14.20 48.94

※ケトアシドーシスとは、血中の強酸であるケトン体が蓄積し、アシドーシス(酸塩基状態が正常より酸性に傾いた状態)となった病態です。
糖尿病内科では血糖コントロールのための入院が大半を占めており、2015年の入院においては「2型糖尿病の血糖コントロール」が最も多く186例、2番目に多いのが「1型糖尿病の血糖コントロール」で21例でした。血糖コントロール入院においては、1週間ないし2週間のパスを用いた治療と教育を行っており、入院中は食事・運動・薬物療法とともに、月曜日から金曜日まで毎日糖尿病教室に参加して頂き、血糖コントロールのためのノウハウを学んで頂いています。血糖コントロール入院の約6割はかかりつけ医からの紹介入院でした。
3番目に多いのは糖尿病の急性合併症の一つである、「糖尿病性ケトアシドーシスの治療」でした。糖尿病性ケトアシドーシスは、インスリン作用の極端な不足により血中にケトン体が蓄積し、体が酸性に傾いた状態の事ですが、糖尿病の重篤な合併症の一つであり、1型糖尿病の発症時にも認めることがあります。

■腎臓内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xxxx 腎臓または尿路感染症の治療 93 13.80 12.60 9.68 77.04 急性腎盂腎炎
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全の治療 47 14.15 13.64 12.77 64.38
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全のシャント造設 31 12.29 9.71 3.23 71.16

腎臓内科で最も多い症例は、腎・尿路感染症で、急性腎盂腎炎・膀胱炎等が含まれます。高齢化に伴い、この領域の患者数は非常に多くなっており、パスを導入することにより、治療の標準化と円滑な退院に努めています。
症例数が2番目に多いのは、慢性腎不全に対する入院です。保存期の教育入院や急性増悪時への対応が含まれます。特に教育入院では、心血管系を含む全身精査・薬剤調整・栄養指導・疾患教育とともに、将来の透析や移植など腎代替療法へのお話を、ご家族も含めて十分な時間をかけて行っています。
3番目は血液透析のシャント造設手術のための入院です。DPCコードは異なりますが、他院でのシャントトラブルの症例にも対応しており、外科・放射線科と連携を取りながら、手術・処置を行っています。


■内分泌内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100393xx99xxxx 低ナトリウム血症等の治療 21 13.71 10.28 4.76% 76.43
100380xxxxxxxx 脱水症の治療 21 12.29 9.18 23.81% 74.76
100330xxxxx0xx 栄養失調の治療 19.01

内分泌内科で多くを占めるのが低ナトリウム血症です。低ナトリウム血症の原因は摂取不足や消化器疾患による喪失、体液量過剰、腎疾患や内分泌疾患による喪失など多岐にわたります。次いで高カリウム血症がこのコードに該当します。原因は腎不全によるものが多いです。これら電解質異常については腎臓内科および内分泌内科を中心に各専門領域の内科が協力して診療にあたっています。次に多いのは脱水症で、これは内科全体で診療にあたっています。


■内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満)の脳保護薬点滴治療 89 19.12 18.08 31.46% 73.79 ラクナ梗塞
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎の治療 71 9.17 5.50 52.59
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上)の治療 61 24.21 18.99 13.11% 77.41

一般内科の中で最も多い症例は脳梗塞です。t-PA施行例は脳外科入院のためこの中には含まれていません。保存的加療で大半は軽快退院となっており、死亡例はわずか2例です。
症例数が2番目に多いのはウイルス性腸炎です。ノロウイルス腸炎など原因が特定できたのは6例で、大多数の症例は原因不明です。全例、軽快退院となっています。
敗血症については、原因疾患として尿路感染症と肺炎が大半を占めます。死亡例は7例で、うち2例はがん合併例です。


■小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満)の治療 138 5.86 5.72 1.45% 3.00 小児気管支肺炎<スルバシリン>
080270xxxx0xxx 食物アレルギーの治療 101 1.12 2.63 7.22
100380xxxxxxxx 脱水症の治療 69 4.33 9.18 4.54

小児科の入院で最も多い症例は急性感染症です。中でも肺炎や気管支炎が最も多く、主な病原体はRSウィルスとマイコプラズマです。高熱が続いている場合や呼吸が苦しく水分摂取が十分できない場合などが入院の適応になります。その次に多いのが感染性胃腸炎による脱水症です。
2番目に多いのは、食物アレルギーに関係した入院です。その大半は食物負荷試験で、アレルギーの原因となっている食品をごくごく少量から摂取していって アレルギーの状態を評価し、不必要な食物制限を無くし、避けるべき食品を正確に把握するために行っています。


■消化器外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx0100xx 結腸悪性腫瘍の手術 72 18.10 17.41 6.94% 69.24 結腸切除
060040xx02x1xx 直腸肛門悪性腫瘍の手術、肺炎等の病名があるもの 57 22.46 35.28 65.84
060020xx01x1xx 胃悪性腫瘍の手術 44 25.39 37.09 9.09% 71.34 幽門側胃切除

消化器外科の入院は手術を目的とした入院が大半を占めています。最も多いのは結腸の悪性腫瘍の切除術で、2番目に多いのは直腸肛門の悪性腫瘍で人工肛門を伴わない切除術です。3番目に多いのは胃の悪性腫瘍の切除術で、中でも胃全摘術を多く行っています。直腸肛門の悪性腫瘍切除術は結腸の悪性腫瘍切除術と比べ在院日数が平均4-5日長くなります。同様に胃の悪性腫瘍切除術の中で胃全摘術の平均在院日数は長くなります。平均年齢は70歳前後ですが、合併症を伴う高齢者の手術では術後の継続治療やリハビリのため転院治療を要することがあります。


■肝臓・胆のう・膵臓外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx0200xx 胆のう炎(を伴う胆石症)の手術 122 5.94 7.84 0.82% 63.34 腹腔鏡下胆嚢摘出術
060330xx02xxxx 胆石症(胆のう炎を伴わない)の手術 53 5.49 6.96 61.64 腹腔鏡下胆嚢摘出術
060050xx02x0xx 肝臓悪性腫瘍の部分切除術 36 13.69 16.29 2.78% 70.00 肝部分切除

肝胆膵外科で最も診療件数が多いのは、胆石症やそれに伴う胆のう炎です。炎症を伴わない胆石症・胆のうポリープ等は術前準備を行い、待機的に予定手術を行います。強い腹痛を伴う急性・亜急性胆のう炎では診療ガイドラインに基づき、重症度分類を行います。重症の場合は経皮的ドレナージ(体外から胆のうを穿刺しチューブで感染胆汁を排出する)を行い全身状態が落ち着いてから手術を行います。軽症・中等症の胆のう炎ではできるだけ早期に腹腔鏡下胆のう摘出術(緊急・準緊急手術)を行っています。
次に診療件数が多いのは肝臓の悪性腫瘍、その次が膵臓の悪性腫瘍になります。提示している患者数は、手術のみで治療した肝臓悪性腫瘍(がん)患者数ですが、手術に加えてその他の治療を併施している件数(DPCコードは別になります)を含めると診療患者数は2倍以上になります。


■呼吸器外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺悪性腫瘍の手術 91 9.40 13.03 1.10% 68.98 胸腔鏡下肺部分切除
胸腔鏡下肺葉切除術
040200xx01x00x 気胸の手術 15 7.07 9.68 35.07 気胸に対する胸腔鏡下肺切除
040040xx9900xx 肺悪性腫瘍の治療 15.00

呼吸器外科の疾患で最も多いのは肺がんです。画像診断の進歩により早期肺がんがより多く発見されるようになったことと、高齢者が増加しより侵襲の低い治療が求められることなどを踏まえ適切な縮小手術を積極的に取り入れています。また進行がんでは手術を集学的治療の一つとして捉え、他科との連携を図っています。また気胸の診療においても手術以外の治療法とどちらが適切かを個々の患者さんごとに検討し適応を決めています。


■食道外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060010xx01x1xx 食道悪性腫瘍の手術、中心静脈中栄養を行うもの 13 56.62 38.26 68.23
060010xx99x40x 食道悪性腫瘍の化学療法 9.95
060010xx99x0xx 食道悪性腫瘍の治療 11.98

食道外科の疾患で最も多いのは食道がんです。食道がんの治療においては、放射線、化学療法、内視鏡治療など他の治療法の選択、組み合わせを個々の患者さんごとに検討し方針を決めています。手術では鏡視下手術を積極的に取り入れ低侵襲手術を心がけています。放射線治療後の症例や高度進行例では安全性確保のため二期分割手術を行うので入院期間が長くなることがあります。


■乳腺・内分泌外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx03x0xx 乳房悪性腫瘍の部分切除手術 44 4.45 6.79 64.25 乳房部分切除+センチネル生検
090010xx99x40x 乳房悪性腫瘍の化学療法 35 3.26 4.66 60.29
090010xx02x0xx 乳房悪性腫瘍の乳腺全摘出手術 18 8.94 10.37 67.22 胸筋温存乳房切除+センチネル生検
胸筋温存乳房切除

当科で最も多いのは、「乳がんの部分切除術」です。対象は、手術を対象とするステージⅡまでの早期がんの患者さんで、パスに沿って治療を行っています。平均在院期間は4~5日となっています。
次いで多いのは、「乳がんの化学療法」です。エピルビシン・エンドキサン・タキソテールとなどによる化学療法で、在院日数は約3日です。術前もしくは術後に抗がん剤投与を行います。術前症例だけでも年間10~15例程度存在しています。
3番目に多いのは、「乳がんの乳腺全摘術」で主に乳房切除術(乳腺全摘)+センチネルリンパ節生検を行っています。これはがん病巣の拡がりにより部分切除でなく乳房切除が必要な場合に行う治療です。


■血管外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xx0x 下肢静脈瘤の血管内焼灼術 40 2.63 3.46 68.70 下肢静脈瘤血管内焼灼術
180040xx01x0xx 透析シャント閉塞の手術 13.14

当院の血管外科で最も多いものは、下肢静脈瘤の治療です。これは静脈瘤をレーザーを使用して焼灼するもので、局所麻酔下に手術が可能です。本疾患は下肢の皮膚潰瘍、色調変化といった症状を呈することも多く、当院の皮膚科・形成外科と連携して診療にあたっています。また腎不全患者に対する内シャント作成術も多数行っています。内シャント作成術に関しては、内科入院中に手術を行うため血管外科として患者数を算出していません。

■外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060150xx03xx0x 虫垂炎の手術 40 6.00 5.56 37.50 虫垂炎
060170xx02xxxx 腹壁瘢痕ヘルニア等の手術 15 9.13 8.85 6.67% 73.53
060150xx99xx0x 虫垂炎の治療 15 5.13 6.72 34.00

当院の外科で最も多いものは、虫垂炎の手術です。急性虫垂炎は抗生物質での保存的加療と手術加療があります。保存的治療の対象となる患者さんも増えていますが、手術/緊急手術が必要となる患者さんもまだ多くいます。手術法は従来の開腹での手術、腹腔鏡での手術があります。病状に応じて、また整容性も考慮し、適切な手術法を選択して治療を行っています。手術治療後は、病状(炎症の程度や重症度など)で変わってきますが、6日程で退院する方が多いです。
2番目に多いのは腹壁瘢痕ヘルニア等の手術です。腹壁瘢痕ヘルニア(開腹手術後の傷のヘルニア)が代表的な疾患になり、閉鎖孔や大腿ヘルニアや臍ヘルニアなども含まれます。腹壁瘢痕ヘルニアは開腹手術で多く修復していますが、腹腔鏡下手術も導入しています。術後は1週間程で退院となります。閉鎖孔ヘルニアや大腿ヘルニアは高齢の方が多く、入所されていた施設に戻られる方がいます。
3番目に多いのは、虫垂炎の保存的治療です。保存的治療で入院となった方は食事制限や抗生剤投与を行い、5日程で退院となります。


■整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折の手術 167 27.68 28.70 79.04% 83.31 大腿骨頸部骨折 骨接合術
大腿骨頸部骨折 人工骨頭置換術
160620xx01xxxx 肘・膝外傷の手術 95 8.79 11.98 1.05% 46.81 前十字靭帯再建 半月板修復あり
前十字靭帯再建 半月板修復なし
070230xx01xxxx 膝関節症の手術 58 26.05 27.21 75.79 人工膝関節全置換術

当院は救急症例に力を入れており、老人の股関節や大腿骨近位部の骨折症例が多く、人工骨頭挿入術も多く行っています。肘や膝の外傷にも力を入れており、肘の靭帯・腱縫合術、膝の外傷・スポーツ障害による靭帯・半月板・軟骨損傷などの患者さんも多く受診されています。また変形性膝関節症リウマチに対する人工膝関節全置換術にも力を入れています。


■形成外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂の手術 73 2.99 3.54 72.10
160200xx0200xx 顔面損傷の手術 24 5.08 5.86 38.08
080180xx99xxxx 母斑の治療 11 2.09 3.26 2.82

当院の形成外科の入院患者で最も多い病気は、眼瞼下垂(がんけんかすい)です。眼瞼下垂とは、老化やコンタクトレンズの影響でまぶたが下がり、前が見づらくなることです。手術は美容目的ではありませんので、健康保険で行えます。両側を同時に手術することもできます。場合によっては、日帰りでも可能ですし、入院の場合も1泊で退院できます。
2番目に多いのは、顔面のケガです。骨折は手術が必要になることが多いですが、安静があまり必要ないため入院期間はほとんどの場合1週間以内です。切り傷や擦り傷はほとんどの場合通院で治療可能です。
3番目に多いのは、母斑(生まれつきのあざ)のレーザー照射治療です。摘出術が必要な場合は、中学生以降であれば、ほとんどの場合日帰り手術(局所麻酔)で可能です。子供のうちに手術したい場合や母斑が大きい場合は入院手術(全身麻酔)になりますが、ほとんどの場合2~3日で退院できます。


■脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄の手術 101 13.52 18.44 36.63% 71.41 椎弓形成術:腰椎
椎弓形成術:頚椎・腰椎
070343xx99x20x 脊柱管狭窄の神経根ブロック 89 1.48 6.70 70.17 神経根ブロック
160100xx97x00x 慢性硬膜下血腫の手術等 42 11.00 10.02 9.52% 79.79 慢性硬膜下血腫当日入院
慢性硬膜下血腫前日入院

当院では、脊柱管狭窄症の治療を多く行っています。一番多いのは腰部脊柱管狭窄症に対する手術で、顕微鏡を用いてできるだけ正常組織を温存して、十分な神経の除圧可能な低侵襲な腰椎椎弓形成術を行っています。
次に多いのは脊柱管狭窄の神経ブロックです。腰部の脊柱管狭窄では、お尻や足のシビレや痛み、歩行困難(休み休みでないと歩けない)、残尿感、排尿障害などの症状が現れます。選択的神経根ブロック(所要時間:10分)で除痛し、かつ責任神経根を同定します。腰痛の原因に成り得る腰椎椎間板・関節に対しては、椎間板ブロック・関節ブロックを実施します。以上の保存的治療が無効の患者さんには手術を考慮します。
3番目に多い慢性硬膜下血腫は、頭部外傷の通常1~2ヶ月後に頭蓋骨の下にある脳を覆っている硬膜と脳との隙間に血が貯まる病気です。高齢者に多く、血腫が脳を圧迫し、頭痛、片麻痺(歩行障害)、精神症状(認知症)などの症状があります。基本的な治療法としては外科的治療が推奨されており、頭蓋骨に1~2ヶ所の穴をあけ、血腫排液・血腫腔内洗浄術を行います。


■皮膚科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007xx010xxx 皮膚良性腫瘍の手術 15 3.60 4.38 46.67
080020xxxxxxxx 帯状疱疹の治療 13 8.85 8.97 75.00
03001xxx0110xx 頭頸部皮膚悪性腫瘍の手術 10 10.80 14.02 10.00% 84.00

当院皮膚科においては手術患者が多いのが特徴です。そのため、皮膚科独特の水疱症、角化症等よりも腫瘍の症例が多くなっています。統計的には、皮膚の良性腫瘍及び頭頸部皮膚悪性腫瘍の摘出術を行った症例を合わせて25例になっています。更にDPCコードは異なっていますが顔面にある皮膚悪性腫瘍症例、躯幹・四肢の悪性腫瘍症例、露出部以外の良性腫瘍に対する手術症例も加えると相当数になります。腫瘍の症例以外では、帯状疱疹患者が13例ありましたが、比較的高齢者で疼痛が強いため入院治療を行っています。


■泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱(悪性)腫瘍の手術 83 6.00 7.59 1.20% 77.14 経尿道的手術
11022xxx99xxxx 前立腺炎等の治療 8.55
110320xx97xxxx 膀胱出血の止血術等 14.18

当院では、膀胱腫瘍に対する治療を多く行っています。前立腺の生検も多く行っていますが、DPCにおいては出来高となるため、こちらには計上しておりません。ともに開腹手術などが必要な場合は、近隣の患者さんに適した病院と連携を図り、紹介を行っています。


■産婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120070xx02xxxx 卵巣良性腫瘍の手術 39 6.72 6.50 43.03 腹腔鏡下付属器手術(卵巣・卵管手術含む)
12002xxx99x40x 子宮悪性腫瘍の化学療法 26 2.54 5.33 62.15 TC療法
DC療法
120060xx01xxxx 子宮良性腫瘍の手術 24 9.88 10.18 45.63 腹式子宮全摘術・子宮筋腫核出術

産婦人科では婦人病を広範囲に取り扱っています。そのうち、最も多かったのは卵巣に対する手術でした。平均年齢が43歳と比較的若年で、未婚、未経妊の方に対する治療が多く含まれています。その場合は腹腔鏡による手術となり入院期間はやや短くなります。しかし、病院特性上高齢者、あるいは合併症を持つ方の手術を行うこともあり、その場合は入院期間がやや延長傾向となります。2番目に多かったのが子宮悪性腫瘍の抗がん剤治療です。婦人科腫瘍の場合、抗がん剤を適切に使用することで長期の生存が見込まれます。そのため、入院による適切な抗がん剤管理が重要になってきます。3番目の子宮の良性腫瘍手術は、開腹(膣式)による摘出術を行った分類で、対象疾患は、女性の約30%が罹患していると言われている子宮筋腫、子宮腺筋症などです。入院期間がやや長いのは、腹腔鏡で手術が困難な症例のためです。


■眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020220xx97xxx0 緑内障の手術(片目) 185 6.86 9.57 0.54% 69.52 流出路再建術(トラベクトーム)
線維柱帯切除(トラベクレクトミー)
緑内障治療用インプラント(器具)挿入
020200xx9710xx 黄斑変性症の手術 66 5.76 7.99 71.89
020160xx97xxx0 網膜剥離の手術(片目) 28 6.86 11.08 55.50

眼科の症例で最も多いのは、緑内障手術のための入院です。成人の失明原因のトップである緑内障では、十分に眼圧を下降させることにより視神経障害を改善もしくは抑制することができますが、薬物療法では十分な眼圧下降が得られない場合には手術を行います。主なものは濾過手術、流出路再建術です。最近では低侵襲緑内障手術により患者さんの負担が少なくなるように努めています。またインプラント挿入術により、難治性の緑内障にも対応できる場合があります。
2番目に多いのは黄斑、後極変性の手術となります。主に網膜前膜、黄斑円孔など、黄斑の病変による視力障害に対して手術が行われています。最近は小切開硝子体手術により、患者さんの負担が少なくなるように努めています。
網膜剥離は眼球内側の神経の膜(網膜)裂け目ができて、裏側に液体が侵入し、失明の危機にさらされる病気です。20歳代と60歳代前後に多くみられます。最近は侵襲の少ない硝子体手術が広く行われるようになりました。


■耳鼻咽喉科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 慢性扁桃炎・アデノイドの治療 50 7.98 8.20 24.00 口蓋扁桃摘出術
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎の治療 41 7.90 7.76 54.68 内視鏡下副鼻腔手術:慢性副鼻腔炎
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍の治療 27 4.52 5.53 32.74

耳鼻咽喉科の最も多い症例は扁桃・アデノイドなどの慢性疾患、2番目に多い症例として副鼻腔炎があげられます。両症例とも手術を中心とした治療のための入院です。またそれに関連して、3番目に多い症例も扁桃周囲膿瘍などを含めた上気道炎が多いことがわかります。入院治療を受けられた患者さんは、治療後、かかりつけや紹介元の医院に紹介させていただき、引き続きの通院をしていただくことになります。


■救急科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒の治療 20 2.60 3.58 20.00% 51.65
060335xx0200xx 急性胆のう炎を伴う胆石症の腹腔鏡下摘出術 16 7.13 7.84 6.25% 68.19 腹腔鏡下胆嚢摘出術
060150xx03xx0x 虫垂炎の手術 15 5.40 5.56 37.47 虫垂炎

救急科では急性薬物中毒やアナフィラキシーショック(アレルギー)など緊急性の高い特殊疾患の入院管理を担当しています。また、急性胆のう炎や急性虫垂炎など緊急手術を要する疾患についても救急科で担当しており、迅速な手術と術後管理に努めています。


3.初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数 
ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 164 48 53 69 90 1 7
大腸癌 101 73 93 85 12 109 1 7
乳癌 50 53 10 25 1 7
肺癌 85 11 45 109 26 127 1 7
肝癌 52 16 15 10 294 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

胃がんは、検診発見や他疾患で経過観察中に発見された早期がんが多く、ガイドラインにしたがって内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)や腹腔鏡下胃切除術を行っています。肝がんは、肝臓病センターで検討し、内科では経皮的ラジオ波焼灼術(RFA)や肝動脈塞栓術などを、外科では肝切除術を行っています。大腸がんは近年増加傾向にあり、内科と外科で内視鏡的切除術、外科的切除術あるいは化学療法を適切に行なっています。乳がんはStageⅠとⅡの患者さんがほとんどで、主な来院経路はStageⅠは検診発見、StageⅡは自主来院でした。肺がんはStageⅠとStageⅣが多く、前者は外科手術、後者は化学療法を行っています。不明は、他院での治療後に当院に紹介された患者さんが含まれています。


4.成人市中肺炎の重症度別患者数等 
ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 79 9.91 57.19
重症度 1 81 14.26 78.86
重症度 2 44 14.98 80.61
重症度 3 17 16.94 81.24
重症度 4
重症度 5
不明

重症度0は外来治療の対象ですが、当院の患者さんは高齢者が多く、また年齢が高くなると合併症を有する割合が高くなるため、必要に応じて入院加療を行っています。 入院治療対象のなかでは比較的軽症の重症度1・2の患者さんは全体の55.8%を占めており、平均年齢も79.48歳と高くなっています。このことは当院に高齢の患者さんが多いことを表しています。 重症度があがれば平均在院日数・平均年齢も高くなる傾向がありますが、重症度4(10件未満のため数値は掲載しておりません)になると死亡率も 高くなるため平均在院日数は短くなります。


5.脳梗塞のICD10別患者数等 
ファイルをダウンロード

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 11 4.18 83.55
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 159 24.01 77.08 36.99%
その他 14 21.43 75.43 2.31%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他

脳梗塞のうち発症早期の適応例には選択的脳血栓・塞栓溶解術(4例)を行っています。また減圧開頭術が3例あります。これらは脳外科入院で、その他は内科入院です。死亡例は6例で、大多数は軽快し4割が他院転院です。内科と脳外科が連携しながら診療を行っています。


6.診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで) 
ファイルをダウンロード

■消化器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 434 0.60 1.88 0.69% 65.72 大腸EMR治療後入院
大腸EMR前日入院
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術 長径2センチメートル未満 279 0.42 1.56 0.36% 65.21 ポリペク 前日入院
ポリペク ポリペク後入院
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 133 1.14 6.49 75.41 肝動脈塞栓術

  

■腎臓内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 66 8.26 15.80 0.07% 69.80
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 36 3.17 8.31 0.23% 70.97
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 20 10.80 26.80 0.25% 69.35

腎臓内科の入院で多いのは、血液透析のシャント造設手術やシャント狭窄に対するシャント形成術です。他院でのシャントトラブルの症例にも対応しており、外科・放射線科と連携を取りながら、手術・処置を行っています。

 
■消化器外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7193 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術 62 7.97 14.82 4.84% 72.44 結腸切除
K6552 胃切除術 悪性腫瘍手術 49 3.57 17.00 6.12% 72.20 幽門側胃切除
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 48 3.52 13.00 8.33% 68.46 結腸切除

消化器外科で行う手術で多いのは結腸の切除術です。大半は悪性腫瘍の切除術ですが、良性の大腸腺腫症や多発憩室、虚血性大腸炎など炎症性疾患に伴う出血や壊死穿孔、狭窄症などの手術も行っています。また、結腸の予定手術では鏡視下手術も多く行われています。胃の悪性腫瘍手術も適応症例では鏡視下手術を行います。高齢者の腹膜炎手術や呼吸器合併症を伴う胃の手術では、術後の継続治療やリハビリのため転院治療を要することがあります。

  
■肝臓・胆のう・膵臓外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 184 1.08 3.97 1.09% 63.50 腹腔鏡下胆嚢摘出術
K7032 膵頭部腫瘍切除術 リンパ節・神経叢郭清等を伴う腫瘍切除術の場合又は十二指腸温存膵頭切除術の場合 25 5.24 22.24 16.00% 68.68
K6951 肝切除術 部分切除 19 2.47 12.58 5.26% 72.16 肝部分切除

肝胆膵外科の手術件数で圧倒的に多いのは胆石症に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術になります。それ以外は、ほとんどが悪性腫瘍(がん)手術になります。 肝胆膵領域のがんの手術術式は非常にバリエーションが多く、同じ術式でも細部が異なるため特定の術式別の件数はあまり意味がないかもしれませんが、提示している血管合併切除などを伴わない単純な膵頭部領域の悪性腫瘍手術(膵頭十二指腸切除)、開腹の肝部分切除などが代表的な術式になります。ただし、肝臓手術は部分切除以外に系統的切除や胆管切除を伴う手術など術式が非常に多彩なので、それらをまとめると実際の手術件数では膵臓手術より肝臓切除の方が多くなります。また、腹腔鏡による肝切除・膵切除も積極的に行っておりこれらの手術件数も含めると肝胆膵腫瘍手術の総数は137件になります。

  
■呼吸器外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 部分切除 40 1.60 5.93 2.50% 69.20 胸腔鏡下肺部分切除
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 28 1.04 7.89 70.21 胸腔鏡下肺葉切除
K5131 胸腔鏡下肺切除術 肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの) 16 2.56 3.44 36.88 気胸に対する胸腔鏡下肺切除

呼吸器外科手術の中で最も多いのは肺がん手術です。画像診断の進歩により早期肺がんがより多く発見されるようになったことと、高齢者が増加し、より侵襲の低い治療が求められることなどを踏まえ適切な縮小手術を積極的に取り入れています。また進行がんでは手術を集学的治療の一つとして捉え、他科との連携を図っています。また気胸の診療においても手術以外の治療法とどちらが適切かを個々の患者さんごとに検討し適応を決めています。

  
■食道外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K529-21 胸腔鏡下食道悪性腫瘍手術 頸部、胸部、腹部の操作によるもの 10 6.20 40.30 68.00
K537-2 腹腔鏡下食道裂孔ヘルニア手術
K5291 食道悪性腫瘍手術(消化管再建手術を併施するもの) 頸部、胸部、腹部の操作によるもの

食道がんの治療においては、放射線、化学療法、内視鏡治療など他の治療法の選択、組み合わせを個々の患者さんごとに検討し方針を決めています。手術では鏡視下手術を積極的に取り入れ低侵襲手術を心がけています。放射線治療後の症例や高度進行例では安全性確保のため二期分割手術を行うので入院期間が長くなることがあります。

  
■乳腺外科・内分泌外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 44 1.14 2.32 64.25 乳房部分切除+センチネル生検
K4763 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 18 1.06 6.89 67.22 胸筋温存乳房切除
胸筋温存乳房切除+センチネル生検
K4765 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの 11 3.18 10.27 9.08% 68.73 胸筋温存乳房切除+腋窩リンパ節廓清

当科で最も多く行っているのは、「乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)」です。乳がんで手術を対象とするステージⅡまでの早期がんの患者が対象です。以前は乳房部分切除(温存手術)が主流でしたが、現在では乳房再建術の保険適応による普及のため、温存術は約80%から50~60%程度に減少しています。またリンパ節郭清もセンチネルリンパ節生検の普及により郭清をしない症例が増えており、当院では入院日から退院日までが4日となっています。次いで多いのが「乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術」で18+11=29人となっています。リンパ節郭清を施行している症例は11人で、これは手術前に化学療法を施行し、しかも腋窩リンパ節転移が術前に遺残している患者さんに対して行ったものです。

  
■血管外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 40 0.60 1.03 68.68 下肢静脈瘤血管内焼灼術
K610-3 内シャント又は外シャント設置術
K635-2 腹腔・静脈シャントバルブ設置術

当院の血管外科手術で最も多いものは、下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術です。これは静脈瘤をレーザーを使用して焼灼するもので、局所麻酔下に手術が可能です。本疾患は下肢の皮膚潰瘍、色調変化といった症状を呈することも多く、当院の皮膚科・形成外科と連携して診療にあたっています。また腎不全患者に対する、内シャント作成術も多数行っています。内シャント作成術に関しては、内科入院中に手術を行うため血管外科として患者数を算出していません。3番目に多いものは腹腔・静脈シャントバルブ設置術です。高度の肝硬変等が原因による腹水貯留に対して、腹水を減らすためにシャントバルブを留置しています。肝臓内科と連携して診療にあたっています。

  
■外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 95 1.23 2.91 1.05% 67.21 全麻鼠径ヘルニア
腰麻
鼠径ヘルニア
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの 29 0.59 4.69 4.69 36.00 虫垂炎
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 29 1.21 5.45 66.10

外科の手術で最も多いのは、鼠径ヘルニア手術です。鼠径部のヘルニア(いわゆる脱腸)は、腹壁の弱くなった部分から腹膜が脱出し、そこに腸など内臓が出てくる病気です。放っておくと大きくなったり、痛んだり、嵌頓(はまり込むこと)したりします。治療は手術でメッシュを埋め込んで腹壁の弱くなった部分を補強します(テンションフリー手術)。従来の鼠径部切開法の手術に加え、腹腔鏡下手術(TAPP、TEP)での治療も行っています。術後2〜3日で退院する方が多いです。
2番目に多いのは、腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの)です。急性虫垂炎は抗生物質での保存的加療と手術加療があります。保存的治療の対象となる患者さんも増えていますが、手術/緊急手術が必要となる患者さんもまだ多くいます。手術法は従来の開腹での手術、腹腔鏡での手術があります。病状に応じて、また整容性も考慮し、適切な手術法を選択して治療を行っています。腹腔鏡下の虫垂切除後は、4〜5日で退院する方が多いです。
3番目に多いのは、抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)です。抗がん剤の投与経路として、中心静脈カテーテルを皮下に埋め込みます。局所麻酔で行われる手術で、時間は30分程度です。翌日から使用し、抗がん剤を導入し終わってから退院になります。

  
■整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 119 3.66 20.40 60.50% 79.66 大腿骨頸部骨折 骨接合術
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 90 1.36 24.36 3.33% 73.43 人工膝関節全置換術
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 78 4.94 22.72 84.62% 83.03 大腿骨頸部骨折 人工関節置換術

当院は救急症例に力を入れており、肩甲骨・上腕・大腿の骨折に対する観血的整復術を多く行っています。 また膝関節を中心に股関節や肩関節の人工関節置換術や老人の大腿骨頸部骨折に対する人工骨頭挿入術も多く、肩の人工骨頭挿入術も行っています。

  
■形成外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術 眼瞼挙筋前転法 60 2.20 72.98
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術 肩、上腕、前腕、大腿、下腿、躯幹 15 0.60 3.20 59.33
K2193 眼瞼下垂症手術 その他のもの 11 1.27 71.91

当院の形成外科の入院手術で1番目と3番目に多い手術は、眼瞼下垂(がんけんかすい)の手術です。眼瞼下垂とは、老化やコンタクトレンズの影響でまぶたが下がり、前が見づらくなることです。1番多く行っている術式は、眼瞼挙筋前転術です。まぶたを開ける筋肉(眼瞼挙筋)が弱っているので、縫いつけ直します。
次に多いのは、余剰皮膚切除術です。たるんでかぶさっている皮膚を切除します。二重まぶたのラインもしくは眉毛の下に沿って切除します。
いずれの手術も美容目的ではありませんので、健康保険で行えます。両側を同時に手術することもできます。日帰りでも可能ですし、入院の場合も1泊で退院できます。
形成外科で2番目に多い入院手術は、軟部腫瘍摘出術です。皮下脂肪や筋肉にできる腫瘍(脂肪腫、神経鞘腫など)を摘出する手術です。小さい腫瘍は局所麻酔で手術可能ですが、大きい腫瘍は全身麻酔になります。ほとんどの場合2~4日ぐらいで退院できます。

  
■脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 椎弓形成 142 1.82 12.49 35.21% 70.93 椎弓形成術:腰椎
椎弓形成術:頚椎
椎弓形成術:頚椎・腰椎
K1421 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定 44 1.59 20.52 25.00% 63.00 脊椎固定 腰椎前方固定
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 40 1.78 9.25 10.00% 80.63 慢性硬膜下血腫当日入院
慢性硬膜下血腫前日入院

腰部椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症など頻度の高い疾患に対しては、金属スクリューを使用せずに、2~3cmの皮膚切開で片側だけの剥離展開をし、顕微鏡下に反対側の圧迫要因に対し脊柱管内側から除圧を行っています(片側進入両側除圧術)。術後の疼痛が少なく、高齢者でも翌日から歩行開始できるのが特徴です。腰椎すべり症、変性側弯症で固定術(金属スクリュー、スペーサを使用する手術)が必要な症例では、欧米では主流(日本では95%以上が後方手術)の腹部を切開進入する腰椎前方固定術ALIFと、従来の後方固定術(TLIF,PLIF)を症例に応じて選択して実施しています。腰椎前方固定術では、術後の腹痛はほとんどないのが特徴です。術翌日から歩行開始します。
慢性硬膜下血腫に対しては、頭蓋骨に小さな穴をあけて血腫排液・血腫腔内洗浄術を行っています。

  
■皮膚科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術 単純切除 22 0.82 8.91 4.55% 81.41
K0152 皮弁作成術、移動術、切断術、遷延皮弁術(25~100cm2
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径2センチメートル未満

皮膚科における手術症例は、多くの場合局所麻酔による日帰り手術です。入院で行う場合は、脂肪腫を含む大型の良性腫瘍、植皮術(分層または全層)または有茎皮弁術を同時に行う悪性・良性腫瘍が多くなっています。顔面での有茎皮弁術は25㎠未満が多く、臀部に生じる毛巣洞手術や躯幹、陰部の手術症例では25㎠または100㎠を超える植皮術を行うことが多いです。また、小児の母斑性疾患では全身麻酔になるため、小型の病変であっても入院して行っています。

  
■泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 60 1.03 4.28 77.65 経尿道的手術
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの 24 0.96 4.50 4.17% 75.46 経尿道的手術
K800-2 経尿道的電気凝固術

当院では、膀胱腫瘍に対する経尿道的手術を多く行っています。前立腺の診断を目的とした生検も多く行っており、ともに開腹手術などが必要な場合は、近隣の患者さんに適した病院と連携を図り、紹介を行っています。

  
■産婦人科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 47 0.98 4.77 42.62 腹腔鏡下付属器手術(卵巣・卵管手術含む)
K877 子宮全摘術 31 1.10 8.19 48.39 腹式子宮全摘術・子宮筋腫核出術
K879 子宮悪性腫瘍手術 22 1.92 14.41 62.82 傍大動脈リンパ節郭清を含む婦人科悪性腫瘍根治術

最も多かったのが、腹腔鏡による子宮附属器腫瘍摘出術でした。術後日数も4.7日で標準的、年齢は42.62歳と、比較的若年者の手術が多い傾向でした。本邦では諸外国に比べ卵巣子宮内膜症性のう胞の発生頻度が高いと言われています。若年の場合、不妊症の原因となる場合が有るため、手術例の増加が考えられます。2番目に多かったのは子宮全摘術でした。子宮筋腫、子宮腺筋症が主な治療例となります。卵巣摘出に比べると開腹例が多いため、入院期間が長くなる傾向があります。また、卵巣に比べ手術が難しくなるため、入院延長が必要な場合もみられます。3番目に多かったのが子宮悪性腫瘍手術でした。食生活、高齢化などの要因により、子宮内膜がんが急増しています。当科でも同様の結果となりました。悪性腫瘍手術の場合、手術範囲が極端に大きくなるため、合併症、術後問題も多く発生する可能性があり、入院期間が延長傾向となります。

  
■眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 668 0.06 2.07 74.86 白内障両眼 木曜入院
白内障片眼 1泊2日
白内障片眼 2泊3日
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの 154 1.04 4.20 68.56
K2682 緑内障手術 流出路再建術 125 0.97 5.28 70.30 流出路再建術(トラベクトーム)

水晶体再建術は白内障の手術です。濁った水晶体の中身を、眼球に加えた2~3ミリ程度の切開から細かく砕いて取り出し、新たにプラスチック製のレンズ(眼内レンズ)に置き換えます。手術技術の進歩により、大変安全におこなわれるようになり、入院期間も短くなりました。外来通院でも手術が行われています。最近は乱視も矯正可能な眼内レンズも使用されています。
硝子体顕微鏡下離断術は、眼球の中身である透明なゼリー(硝子体)が関係した病気に対する手術です。黄斑前膜や黄斑円孔などの黄斑の疾患や、網膜剥離、糖尿網膜症などの治療に用いられます。眼の中にカッターという細い棒を挿入し、硝子体を切除します。最近では使用される器具の口径が0.4から0.5ミリの非常に細いものが用いられ、低侵襲の手術が可能となりました。
眼の中では血液から特殊な液体(房水)が分泌され、内部に栄養を供給したあと、茶目(虹彩)の付け根にある線維柱帯から静脈に入って心臓に戻ります。線維柱帯が目詰まりを起こして眼の中の圧力(眼圧)が上がると、視神経が障害されて見える範囲(視野)が狭くなります(緑内障)。緑内障手術の流出路再建術ではこの線維柱帯に切開を行い、房水が眼の外に流れやすくすることによって眼圧を下げる手術で、緑内障の進行予防に用いられます。最近は新しい手術器具の導入により、短時間で小さな切開から手術が可能となりました。

  
■耳鼻咽喉科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 55 1.00 6.05 24.87 口蓋扁桃摘出術
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術IV型(汎副鼻腔手術) 23 1.13 6.17 54.00 内視鏡下副鼻腔手術:慢性副鼻腔炎
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 18 0.89 5.28 57.06 内視鏡下副鼻腔手術:慢性副鼻腔炎

耳鼻咽喉科で最も多い手術は、慢性扁桃炎や睡眠時無呼吸症候群(扁桃肥大が原因となる場合)に対する口蓋扁桃摘出術です。2、3番目に多い手術は内視鏡を用いて行う鼻・副鼻腔手術です。鼻・副鼻腔手術は、鼻炎、副鼻腔炎、腫瘍、外傷など様々な原因で行うことがあり、外来受診時に血液検査、内視鏡検査、画像検査(CTなど)で手術適応かどうかも含めて詳しく調べます。眼窩や頭蓋底と病変が近い、あるいは、それらに病変が及んでいる場合には、ナビゲーションという手術支援機器を用いたり、脳神経外科や眼科などの診療科と連携して手術をする場合もあります。

  
■救急科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 16 0.69 5.44 6.25% 68.19 腹腔鏡下胆嚢摘出術
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの 10 0.30 4.60 42.90 虫垂炎
K7161 小腸切除術 悪性腫瘍手術以外の切除術

当院救急科では緊急手術の適応となる疾患を扱っております。二次救急病院ということもあり、急性虫垂炎や急性胆嚢炎などの緊急疾患については、救急外来で診断後速やかに緊急手術を施行しており、最近では鏡視下手術の割合が増えてきています。また、より重症な消化管穿孔等については緊急手術後の集中治療まで一貫して行う体制づくりを各科と協力して作り上げています。


7.その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率) 
ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一 42 0.33%
異なる 46 0.36%
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 89 0.70%
異なる

DICは10例以下で、入院契機病名は敗血症などの感染症が大部分でした。敗血症の原因は肺炎と尿路感染症が大半を占め、死亡例は10例でした。手術・処置等の合併症では、透析シャントあるいはCAPDカテーテルのトラブルやそれに伴う腹膜炎が大半を占めています。

更新履歴
2016.9.28 ページを公開しました
2016.9.29 診断群分類別患者数等の「消化器内科」の説明を補足しました
2016.11.4 診断群分類別患者数等の「呼吸器外科」の患者用パス「胸腔鏡下肺部分切除」「胸腔鏡下肺葉切除術」「気胸に対する胸腔鏡下肺切除」を差し替え、「肺悪性腫瘍の治療」を削除しました
2017.1.16  診断群分類別患者数等の「呼吸器外科」の患者用パス「胸腔鏡下肺葉切除術」「気胸に対する胸腔鏡下肺切除」を差し替えました

このページの先頭へ